Asuka business & language book<br> もしや!「恐慌」に備えて「今」やっておくべきこと

Asuka business & language book
もしや!「恐慌」に備えて「今」やっておくべきこと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756915887
  • NDC分類 338.9
  • Cコード C2033

内容説明

日本の財政破綻は、今日起こってもおかしくはない。資産を守るための本当の基礎知識。

目次

第1章 201×年それは突然やってきた
第2章 おわりのはじまり
第3章 そもそも財政破綻するとはどういう事なのか
第4章 銀行がわかると金融が見える
第5章 世界金融をパチンコ屋で解き明かす
第6章 財産を守るにはウソを見破る事
第7章 世界はどんな感じなの?
第8章 日本はどんな感じなの?
第9章 本当の金融用語集

著者等紹介

武藤紀夫[ムトウノリオ]
税理士法人新日本公認会計士・税理士。1965年生まれ。全国展開する国内最大級の税理士法人「税理士法人新日本」の横浜事務所所長。法政大学経済学部を卒業後、新日本監査法人でメーカー等の監査及びIPO(株式上場)業務を多数経験。新日本監査法人退社後、税理士法人新日本へ参画。会計・金融のスペシャリストとして幅広く顧問先にアドバイスを行っている

徳永貴則[トクナガタカノリ]
金融税理士アドバイザー検定試験審査委員長。佐賀県佐賀市出身。1972年生まれ。株式会社スペースワン代表取締役。金融税理士アドバイザー検定審査委員長。明治大学政治経済学部を卒業後、大和銀行(現りそな銀行)に入行。約2000社の銀行融資に携わった経験を活かし、株式会社スペースワンを設立。多くの企業の銀行融資コンサルティング、事業再生や経営改善のアドバイスを行っている。また2012年より税理士の民間資格「金融税理士アドバイザー検定試験」の審査委員長を務める

井上達也[イノウエタツヤ]
株式会社ライフステーション監査役。1961年生まれ。法政大学経営学部を卒業後、株式会社日本デジタル研究所に入所。同社退社後、1991年に株式会社フリーウェイジャパンを設立。2005年に顧客の財産、資産を守る保険代理店、株式会社ライフステーションの監査役に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

恐慌はもう始まっているのか!?恐慌とはどんなことなのかを分かりやすく解説し、どのような対策をとったらいいのかを図解で簡単に教えます。経済・金融に詳しくなくても理解できる、入門書の決定版!

【著者紹介】
井上 達也1961年生まれ。法政大学経営学部卒。株式会社日本デジタル研究所(JDL)を経て1991年に株式会社セイショウシステムテクノロジーを設立。当時としては珍しく大学在学中にマイコン(現在のパソコン)を使いこなしていた経験と、圧倒的なマーケティング戦略とにより、同社を4000以上の会計事務所をユーザーにもつ企業に急成長させる。斬新な戦略発想もさることながら、企業の実情に合わせた現実的な提案も評価が高く、税理士事務所業界トップからの信頼も厚い。税理士事務所をターゲットにした新発想の製品の多くに関わる形で、他社の支援も行っている。