Asuka business & language book<br> 残業させないチーム仕事術

個数:

Asuka business & language book
残業させないチーム仕事術

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756913951
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C2036

内容説明

残業をしないチームのほうが、成績はいい!誰もがうらやむ「チーム」に生まれ変わろう。余計な仕事を減らして、自分とメンバーのプライベートを充実させる方法。

目次

第1章 残業をなくすには、どうすればいいのか
第2章 まずは、仕事の「見える化」をしよう
第3章 仕事を「捨てて」残業をなくす
第4章 仕事の「偏りをならして」残業をなくす
第5章 仕事の「流れをよくして」残業をなくす
第6章 人を育ててチームを活かす

著者等紹介

石谷慎悟[イシタニシンゴ]
コンサルソーシング株式会社ゼネラルコンサルタント。1967年生まれ。株式会社沖テクノシステムズラボラトリにて制御系および情報系システムの企画・設計・開発に従事。その後、監査法人トーマツおよびトーマツコンサルティング株式会社にてTPS(トヨタ生産システム)、業務設計、経営情報システム企画・導入等の経営コンサルティングに従事。2006年から現職。販売・調達・原価・会計・予算管理等の業務設計、およびTPSをベースとした事務・営業・開発の改善コンサルティングを実践(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sas

27
残業を減らすためには、仕事そのものを「整理・整頓(4S)」することが必要という。顧客にとって価値のある仕事とない仕事に区分して、価値のない仕事を捨てる(やめる)という整理、価値のある仕事を適切に行えるようにする整頓をするのだ。そのためには、仕事を見えるかし、現状と期限を明確にすることが必要。仕事の繁閑の差をならしてムリを減らす、できる人への偏りをならしてムリを解消していく。このような活動を通して、チーム全体で考える場を作っていくことが目標になる。残業をなくすためには、ムダ、ムリを減らすしかないのだ。2016/09/19

Åκ

4
所謂、仕事量の見える化がポイント。真剣に後輩たちの残業を減らしてあげたい。2016/11/03

ノリピー大尉

4
デスクワークを細かな単位に区分し、進度を壁にはって管理すると、滞りやムダが発見しやすくなる。これをチーム全体に導入し、定着させるのって、ものすごいエネルギーがいるよね。でも、チャレンジしたい。2013/12/04

一木

2
・仕事そのものの整理・整頓(4S)→仕事そのものの改善活動 ・整理→顧客にとって価値のある仕事とない仕事に区別して、価値のない仕事を捨てる(やめる) ・整頓→価値ある仕事を適切に行えるようにする ・まずは、仕事の「見える化」→それが無駄とり、生産性向上のスタート ・製造現場のノウハウをオフィスワークに適用2014/11/15

Roy

1
チームの仕事を可視化していくことに重点をおいた内容になっている。仕事内容はえてして属人的になりがちなので、仕事内容と量を可視化するという視点を自身の業務とチームの業務にも取り入れるようにしていきたい。2018/12/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/631604

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。