人と自分のココロを知らずに動かすNLP心理操作術―「知らず知らずに」「気がつかないうちに」そんなふうに、自分や人のココロがコントロールできたら…

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784756913067
  • NDC分類 145.4
  • Cコード C2036

内容説明

「自分の思いこみを解く」ことで、理想の自分に一歩近づくことができます。それに加えて「なぜかその気にさせ」「会話の主導権を握る」など、日常で相手に気づかれず、無意識に影響を与えることもできます。そんな「暗示」を使ったNLP心理テクニックを身につけて、あなたも人のココロを動かす達人になろう。

目次

第1章 人と自分のココロを動かすNLPって?(催眠誘導しない催眠技法―古典催眠から現代催眠へ;魔法の心理技術「催眠」とはどんなものか?―「催眠」と「暗示」 ほか)
第2章 無意識に人のココロを開かせる(なんとなく「気が合う」の理由とは?―表象システム;視線から思考を読み取る技法―視線解析 ほか)
第3章 いつのまにかその気にさせるテクニック(心を動かしているものの正体は何か?―人を動かしているものは「期待」に他ならない;勝手に思い込ませる技法―過去完了否定形 ほか)
第4章 ココロにかかった鍵を解除する(暗示をかけているのは誰なのか?―隠された情報の回復;暗示の正体は何か?―見えない、気付かないから「暗示」 ほか)
第5章 こんな自分に成りたい!を実現する(「癒される」とは何か?―抑圧からの解放;「わかっちゃいるけど…」の正体は何か?―頭と心と身体が望むことを理解する ほか)

著者等紹介

前田大輔[マエダダイスケ]
NPO法人日本心理カウンセラー協会代表理事、パーソナルスタイリスト・イン・ジャパン理事、明石NPOセンター専門家委員会委員長、株式会社エーディーラボ代表取締役。1954年兵庫県神戸市に生まれる。甲南大学文学部社会学科卒業。ミュージシャン、マクドナルドMGR、学習塾講師、PCスクール経営などを経て心理カウンセラーとして独立開業。10年間2000件を超える臨床経験から古典催眠と現代催眠を駆使し2001年に独自の通院せず一日一回で終了する「かけずに解く催眠療法(特許庁登録済第5037564号)」を開発。個人セッションから企業での研修セミナー、講演、心理コンサルティング、著書の執筆、専門誌や雑誌の取材、テレビ・ラジオなどメディアへの出演など幅広く活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

文章で飯を食う

9
石井 裕之氏の「コミュニケーションのための催眠誘導」が、割と細かくて応用しきれなかったので、もう少し、ざっくりとした本を期待した。ところが、ちょっと簡単すぎて、私の期待したものとは違っていた。本屋でのチェックが甘かったのね。2010/10/24

Shinya

5
けっこう役立つと思う。 NLPの本は初めてだったので面白く、 自分の人と接するときの参考にしたい。2017/08/25

オッキー

0
オーディオブックなのに分かり易く実践で使えた。2012/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/201337

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。