Asuka business & language book<br> 倒産するとどうなるか

  • ポイントキャンペーン

Asuka business & language book
倒産するとどうなるか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756912817
  • NDC分類 335.4
  • Cコード C2034

内容説明

倒産の危機に至ったら、どのような優先順位にしたがって、持てるキャパシティを最大限に活かして処理するか。孤独な中小企業経営者が本当に欲しいアドバイス。

目次

第1部 倒産に至る経緯―どこまで行くと戻れなくなるのか(CD販売業の先細り―財産問題、商工ローン問題、再起問題を抱えながら;土木建設業の頓挫―着工中の物件、連鎖倒産のおそれ、社長の老後問題を抱えながら;広告代理店の限界―手形の不渡問題、ヤミ金融問題、社員の造反問題を抱えながら ほか)
第2部 倒産の実態―倒産以外の選択がなくなって(倒産とはどういうことか;倒産の種類と選択)
第3部 倒産処理の実務―関係者と債務・再起問題を抱えて(CD販売業、黒川さんの倒産―財産問題、商工ローン問題、再起問題を抱えながら;土木建設業、赤井さんの倒産―着工中の物件、連鎖倒産のおそれ、社長の老後問題を抱えながら;広告代理店、白木さんの倒産―手形の不渡問題、ヤミ金融問題、社員の造反問題を抱えながら ほか)

著者等紹介

内藤明亜[ナイトウメイア]
経営危機コンサルタント。1946年4月東京都中野区に生まれる。東京育ち、東京在住。多摩美術大学付属多摩芸術学園映画科を中退し、広告・マーケティング業界に身をおく。サラリーマンを10年、事業経営(規模は年商四億円、社員は二十名ほど)を15年、その会社を1994年11月に倒産させ、翌年から経営危機管理のコンサルタントをはじめる。キャリアは13年半、対応した件数は600件を超える。10年ほど前に『TIME』に「This Business Guru’s Key Credential:He Went Belly Upこのビジネス指導者が信任される理由:彼はへこたれなかった」と(もちろん英語で)紹介されたことがある。現在、新宿区西新宿に事務所をもち、経営危機に陥った経営者の相談にのっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。