日本一わかりやすい会社が儲かるしくみ―決算書もスラスラ読めるようになる図解9

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本一わかりやすい会社が儲かるしくみ―決算書もスラスラ読めるようになる図解9

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756912572
  • NDC分類 336.8
  • Cコード C2034

内容説明

なぜ会社は儲かっていないのか?なぜ上司は「この数字をよくしろ」と言うのか?いまこの状況で、どの数字をどう変えれば、会社はよくなるのか?会社とは利益を出す・儲けることが使命である以上、一人前の社員なら会社の数字の意味がわかって自発的な数字目標を持たなければならない。

目次

プロローグ 会社を動かしている2つの数字
第1章 なぜ会社は儲けようとするのか?
第2章 業績がいいのに給料が増えないのはなぜか?
第3章 資産と経費とはどこがどう違うのか?
第4章 経費はどれくらい節約すればよいのか?
第5章 会社はどんな税金をいくら納めているのか?
第6章 借金をするのは損か得か?
第7章 キャッシュフローが重要なのはなぜか?
第8章 会社の状態はどうやってチェックするのか?

著者等紹介

野村郁夫[ノムライクオ]
1944年東京生まれ。1976年税理士事務所開設。有限会社ノムイック社長。1991年まで『日経パソコン』ソフト評価委員および『パソコンベストソフト』選考委員。経理業務のパソコン化にいち早く注目、現在この分野の第一人者として数多くの著書を執筆し、企業経営、財務指導ならびに各種講演会、研修講師として精力的に活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。