1週間で実践 論理的会話トレーニング

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756911568
  • NDC分類 809.4
  • Cコード C2036

内容説明

説得力の正体、それは「まとめて、整理する」「具体的に語る」の二つだけ。「あなたが当然と思っていること」を、誰にでもわかるように丁寧に説明することが、論理的会話の第一歩です。本書では、英語圏の学校で日常的に行われている「論理的会話のトレーニング」のうち、もっとも多用される5つのパターンに絞って練習していきます。1週間のトレーニングで、論理的な思考力・会話力を身につけましょう。

目次

第1日目 「論理的な会話」の正体は2本の柱だった
第2日目 しっかり伝える1 「列挙」を練習してみよう
第3日目 しっかり伝える2 「時系列」を練習してみよう
第4日目 しっかり伝える3 「比較対照」を練習してみよう
第5日目 伝える3スキルをすべて使って会話する
第6日目 説得するスキル1 「演繹」を練習してみよう
第7日目 説得するスキル2 「帰納」を練習してみよう

著者等紹介

高島康司[タカシマヤスシ]
北海道札幌市生まれ。早稲田大学卒業後、大手語学学校で教材、コース開発、講師研修、企業研修等を担当。現在は独立し、企業の語学研修、IT関連研修、企業関連セミナー、コンサルティング等をおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。