Asuka business & language book<br> 誰でも実現できる心臓がドキドキせずあがらずに話せる本

Asuka business & language book
誰でも実現できる心臓がドキドキせずあがらずに話せる本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 193p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756911421
  • NDC分類 809.4
  • Cコード C2036

内容説明

人前に立つと緊張で頭が真っ白、何を言えばいいかわからない、声や体が震えてしまう…。あなたはなぜ緊張してしまうのでしょうか?そこにはいくつかの共通した原因があります。本書では、その原因を解説しながら、話しベタの人でもすぐに実行できる、人とうまくコミュニケーションをとるためのアクションの起こし方についてまとめました。私はやっぱり話せない…。そんなあなたのコンプレックスを変える一冊です。

目次

プロローグ
第1章 人はなぜあがるのか?
第2章 コミュニケーションとは何か?
第3章 人間関係を円滑にするアクションの起こし方20
第4章 会話ベタを克服するためのセルフトレーニング法
巻末付録

著者等紹介

新田祥子[ニッタショウコ]
コミュニケーションカウンセラー。1950年生まれ。大学卒業後はフリーランスの編集者兼ライターとして活躍。自らのあがり症と対人不安を克服した経験がある。ある話し方教室との出会いから指導法に疑問を感じ、大学院修士で人間科学を学び、2006年4月、あがりや人間を科学的に捉えて改善に導く「話し方教室セルフコンフィデンス」を設立。NPO法人CCES理事長。対人不安、コミュニケーション不安研究会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ほっちょる

5
あがり症や対人不安は、自己評価や自己承認の低さに起因する。その処方箋として、本書ではコミュニケーションスキルを上げることを提案する。といっても、方法はいたって当たり前と思えることで、大きな声で話す、はっきりと話す、挨拶をする、相手の話を聞くに始まり、考え過ぎない、身近な話題から入る、サービスの言葉を添える等、日常生活の中で、少し意識すればいいだけのことである。だけど、これがなかなかできない・・・。まずは、あまりハードルを上げずに、大きな声で、はっきりと話すことから始めようかな。2020/07/19

デーカ

4
会議や宴会での挨拶で凄く緊張してしまう。そんな震っちゃってる自分も認めてやろう。少しずつ、前へ前へ。2017/10/01

mimm

4
…私が割りとマイナス感情に揺らぐのは、ギャングエイジにおける母親の影響力か…。やっぱりorz。克服って、案外難しいよなぁ。プラス思考へ導いてくれる一冊です。ですが、やはり苦手な相手(もしくは不機嫌な相手・嫌いな相手)に対し、こちらが譲歩せざるを得ないのね。んで、絶対相手はその気遣いに気付かないのよ。できれば関わり合いたくないんだけどなぁ。そんな解決本はないのかしら。2012/03/09

たいそ

4
「(対人不安は)一見相手を気遣っているように見えるが、実は相手に映る自分の印象をとても気にしている」だけ。「会話が苦手と思っている人の多くは主張することが苦手」なだけ。これらをどうやって克服するか。 「会話の基本は相手の話を聴くこと」、「相手中心の視点」、「自他の心」というのが参考になった。「否定的な言葉を肯定的な言葉に変えること」、「サービスの言葉」を使うことを心がけたい。2011/12/11

青豆

1
会社の全体会議なんかで人前でスピーチする機会があるので興味本位で買ってみた。けど、深呼吸をするとか体を障るとか、なんだか当たり前の事しか書いてないし、あがりを解決というよりしゃべり方や人とのコミュニケーションの仕方を延々と書いてました。。。まあ、こんなもんでしょうかね。。。この手の本は・・・2014/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/384098

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。