大切な人の「つらい気持ち」をラクにする方法―人を動かす究極の技術 心の扉を開いてみよう

大切な人の「つらい気持ち」をラクにする方法―人を動かす究極の技術 心の扉を開いてみよう

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756911209
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C2036

目次

第1章 「心の扉」を開く意味(人の心をいつまでも支配する「生まれてからの体験」;マイナスの体験は「心の断層」となって残る ほか)
第2章 「心の扉」を開いてもらえる環境を作ろう(「人を心から動かす」技術を身につけよう;「安全と安心そして信頼」の環境を作ろう ほか)
第3章 「心の扉」を開く技術(心の扉の裏に秘められたストレスを察知する技術;自然に心の扉を開いてもらえるように話す技術 ほか)
第4章 「心の扉」を開ける人がビジネスで成功する(「自分で納得する」と「指導される」のこれほどの違い!;心の扉を開ける人が「人間関係の達人」 ほか)
第5章 どんな人にでも通用する「心の扉の開き方」(相手が異性でも心の扉の開き方はまったく同じ;人は「目」で相手のすべてを見抜いている ほか)

著者等紹介

野口敬[ノグチタカシ]
1950年、東京生まれ。パソコン専門紙編集長、人材派遣会社主任企画部員、システムインテグレーション会社企画本部長などに従事。人とシステムの双方に深く携わった経験から、「能力開発には、人の意識の分析だけでなく、それを育んだ社会的なしくみからとらえなければならない」と痛感。1991年、創造性開発・評価の手法を普及させるためにコミュニケーション・クリエイティブ・センターを設立。意識のしくみだけでなく、社会のしくみもわかりやすく解析する「フレームアナリスト」として活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

豊花泉ほうかせん

1
安心して気持ちを話せる環境は、安全、信頼。2015/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/122608

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。