なぜあの人の話し方は「強くて美しい」のか?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756910738
  • NDC分類 809.4
  • Cコード C2036

内容説明

キレイ、かわいい、丁寧だけでは輝けない。一本芯の通った、強くて美しい人になる話し方を身に付けよう。パワハラ・モラハラ・セクハラに負けない表現を知り、周囲に振り回されない人になろう。「イキイキ!」強くキラめく女性になる日本語講座。

目次

第1章 強く美しく話す人は、ここが上手(強く美しい人は、聞き方がうまい;深く聞くことで、相手をもっと理解できる ほか)
第2章 自分を縛っている言葉をやめて、自由になろう(「しなければならない」をやめてみよう;受身の言葉をやめてみよう ほか)
第3章 あなたを守るケース別「キッパリ!」表現(無神経な同僚に注意する―あなたって不器用な人なのね;誤解されたら―そんなふうに思われているとは、大変残念です ほか)
第4章 美しい言葉を話すことで、深く輝ける(挨拶―自分と相手を尊重するために;返事―自分に自信を持ち、相手をきちんと受け入れるために ほか)
第5章 そっとつぶやけば心が折れない、こんな言葉(外柔内剛;自信 ほか)

著者等紹介

大嶋利佳[オオシマリカ]
1960年生まれ。株式会社スピーキングエッセイ取締役講師代表。大学卒業後、副手として大学勤務、会社勤務などを経験。1988年、第一回日本語教育能力検定試験に合格。専門学校教員として日本語教育、ビジネスマナー、スピーチ、プレゼンテーションおよび就職試験指導を担当。1994年に独立し、1997年会社設立。コミュニケーション関係の研修、講演、執筆を幅広く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。