あたりまえだけどなかなかできない上司のルール

個数:

あたりまえだけどなかなかできない上司のルール

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756910301
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C2034

内容説明

優秀な部下をより多く育成するのが上司の使命だ!なぜ部下に伝わらない?そんな悩みにズバリお答えします!部下と良好な関係を保ち、絶えず成長と気づきを与えるための本。

目次

上司の仕事は部下を育てること
自分のノルマ達成は二の次でいい
あなたは、なぜそこにいるのですか?
究極の仕事は自分の仕事をなくすこと
自分のスゴさをアピールするな
上司はワガママでいい
愛は注いでも、情は注ぐな
汚れ役を買って出ろ
部下の能力を評価する基準を持て
すべては自己責任〔ほか〕

著者等紹介

嶋津良智[シマズヨシノリ]
1965年東京生まれ。大学卒業後、IT系ベンチャー企業に入社。同期100名の中でトップセールスマンとして活躍し、その功績が認められ24歳の若さで最年少営業部長に抜擢。就任3か月で担当部門の成績が全国ナンバー1になる。その後28歳で独立・起業し代表取締役社長に就任。翌年、縁あって知り合った2人の経営者と情報通信機器販売の新会社を設立。その3年後、出資会社3社を吸収合併、6年目に株式上場を果たす。そして2005年、カルチャー・アセット・マネジメント株式会社を設立し、“ペイフォワードビジネスカレッジ”を主宰。講演・セミナーなどで若手経営者・ビジネスマン・学生を中心に、次世代を担うリーダーの育成に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゲンキ

124
社長より、役職者向けに研修をやってほしいと言われて、本書を本棚から引っ張り出して来ました。上司の仕事は、部下を育てること❗️、自分の成果は二の次❗️、自分のスゴさをアピールするな❗️、部下が出来ないのは自分の指導能力が足りないことをまずは反省してみよう❗️等々、大変ためになる言葉ばかりでした。自分一人でやれることなんて、限界がありますもんね☺️。最近、私もそのあたりがわかって来ました🙋。2020/10/05

かず

16
★★★Audible。2017/12/05

焼きそばん

7
著者の講演を聞いて、数冊著書をまとめて読みました。自分の経験をもとに、ポイントをまとめてくれており読みやすいです。価値観を押し付けない、相手を尊重する、見守る、一人ひとりの違いを受け止める。頭で考えても感情が邪魔して、実行できていませんが怒らない技術とまとめて読んで出来るところからやるしかないですね。2016/10/02

Koichiro Minematsu

4
復習! 復習! そうそう。 大事なのは行動あるのみ!2013/10/19

ヨーク

3
タイトル通り当たり前だけどなかなかできないことが羅列してあって、納得はするけど、現実的にそれをするのは難しい。まあ難しいことするから、その人は偉い上司になるわけだけど。とはいえこの手の本はそれ事態を特効薬として使うのではなく、自己反省する際のある種の理想論として参考にするくらいでいいのではないか、とか思ったり。2013/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/22415

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。