オペラのイコノロジー<br> オルフェオ―クレモナ、マントヴァ、そしてオペラの生誕

個数:

オペラのイコノロジー
オルフェオ―クレモナ、マントヴァ、そしてオペラの生誕

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 166p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784756601704
  • NDC分類 766.1
  • Cコード C0073

内容説明

オペラの拓くバロックの劇場世界。北イタリアの小邑から発する官能の庭師モンテヴェルディの麗しき修辞の技を通して、不可視の音楽のイコンを解読する。

目次

プロローゴ 複合と背反―クレモナの予兆
第1幕 マントヴァ―オルフェオの新しきアルカディアへ
第2幕 緑なす山への音楽の帰還―ポリフォニーとモノディの狭間で
第3幕 オルフェオの地平―アルカディアにも死あり…
エピローゴ 「官能の庭師」の手並の中から―「いとも麗しく正しき修辞の技」の行方

著者等紹介

山西龍郎[ヤマニシタツオ]
武蔵工業大学教育研究センター教授。思想史、都市芸術論専攻。『音のアルカディア』で芸術選奨新人賞受賞。前日本ホルン協会副会長、現日本コルネット協会会長、Historic Brass Society会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 一六〇七年、北イタリア・ロンバルディア地方の小都市マントヴァの宮廷の中で、街の規模には見合わないほどの人々が集ううちに、けたたましくも壮麗な響きが鳴り渡った。それがモンテヴェルディによる音楽劇『オルフェオ』冒頭の「トッカータ」である。それはまさにそこに居合わせた人々の情感を揺り動かす新しい何かを強烈に内包した響きであり、それ以後の音楽的営為を後戻りできない地平に導きだす、始源の響きであった。それはそれに続く「プロローゴ」以下のどの一曲、一シーンにも貫かれた音楽的実践であり、それまで〈第二書法〉と呼ばれる位置に甘んじていた新時代の音楽語法を、それこそ〈第一〉へと引きあげる力と迫力に満ちていたのである。そこに、〈バロック〉と〈オペラ〉が、奔出する。
 本書はこのモンテヴェルディによる『オルフェオ』成立の周辺を自由に歩き回り、その作品そのものに表出され、結晶化されている要素の一つひとつを、想像力の翼を自由に広げて探索しようとするものである。上演のかたち――マントヴァという小宮廷ながら、イザベラ・デステ以来凝縮されたルネサンス‐マニエリスムの香気漂う環境での、フィレンツェを見据えて一歩ひねったスタンスの「アカデミ

プロローゴ 複合と背反
       ――クレモナの予兆
第1幕 マントヴァ
       ――オルフェオの新しきアルカディアへ
第2幕 緑なす山への音楽の帰還
       ――ポリフォニーとモノディの狭間で
第3幕 オルフェオの地平
       ――アルカディアにも死あり……
エピローゴ 「官能の庭師」の手並の中から
       ――「いとも麗しく正しき修辞の技」の行方
あとがき