英語口―英文法ができると英会話ができる 中級編〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 167p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784756147318
  • NDC分類 837.8
  • Cコード C2082

目次

場所に関する語を説明する関係形容詞1のwhere―場所を表す先行詞+where+主語+動詞
時に関する語を説明する関係形容詞1のwhen―時を表す先行詞+when+主語+動詞
理由を説明する関係形容詞1のwhy―reason why+主語+動詞
人を説明する関係形容詞2のwho―人の先行詞+who+動詞
無生物を説明する関係形容詞2のthat―無生物の先行詞+that+動詞
人を説明する関係形容詞2の(whom)―人の先行詞(+whom)+主語+動詞
無生物を説明する関係形容詞2の(that)―無生物の先行詞(+that)+主語+動詞
名詞的不定詞「…するように」「…すること」―動詞+目的語+to do
聞き手の意向を尋ねる名詞的不定詞「…しましょうか?」―Do you want me to do…?
聞き手の意向を尋ねる名詞的不定詞「…に…させましょうか?」―Do you want+3人称目的語+to do…?
がんばったね!運動会!
2学期少し慣れたかな~
3学期1年生も残りわずか

著者等紹介

市橋敬三[イチハシケイゾウ]
ボストンアカデミー校長。長年の滞米生活によりアメリカ英語を身につける。英会話上達の秘訣は、「英文法を知っているだけでなく、使い切れるようにすることにある」と、英会話にとって英文法の不可欠性を、1984年に刊行した著書のなかで、日本の英会話教育史上初めて唱えたこの道の草分けであり、現在も第一人者。オハイオ州の名門校のマウントユニオン大学を優等(cumlaude)で卒業。アメリカ英語を研究するだけでなく、アメリカ研究学を専攻し、アメリカの歴史、政治、社会、地理、宗教などを研究したあと、ニューヨークでビジネス界に身を投じた。これらの体験によりアメリカの真の姿を知悉している数少ない知米家の1人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Riopapa

0
15回やった。2012/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/307308

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。