WOMEN 女性たちの世界史大図鑑

個数:

WOMEN 女性たちの世界史大図鑑

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 15時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 320p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784309227801
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C0022

出版社内容情報

先史から現代まで、有名無名を問わず、女性たちが生きてきた歴史を広い視野で見渡す世界初のヴィジュアル図鑑。世界の各地域を網羅。

内容説明

世界の偉大な女性たち、約600名を紹介。先史から現代まで、語られなかった女性たちの歴史を広い視野で網羅する決定版!家庭、育児、職業、政治、戦争、科学、芸術…現代に通じるさまざまな視点から女性の歴史を詳説。見開き1テーマ!迫力ある印象的なヴィジュアルに、核心的なテーマ展開と、簡潔で要を得た解説。索引=約1600項目、150か国を網羅。読者は中学生から大人まで。公共図書館、学校図書館、行政、社会関連機関。

目次

1 家父長制の誕生―紀元600年まで
2 純潔、敬虔、そして財産―600‐1500年
3 帝国の時代から啓蒙の時代へ―1500‐1800年
4 知識と権力―1800‐1914年
5 エンパワーメントの時代―1914‐1960年
6 ガラスの天井を打ち破る―1960年‐現在

著者等紹介

ワーズリー,ルーシー[ワーズリー,ルーシー] [Worsley,Lucy]
歴史家、作家、学芸員、TVプレゼンター。古代・現代史で優等学士の学位を取り、オックスフォード大学を卒業。その後、“古建築と英国遺産の保護協会”(SPAB)に勤務。現在は、王宮を管理する独立慈善団体“ヒストリック・ロイヤル・パレス”で主席学芸員を、BBCの歴史教養番組ではプレゼンターを務める。また、「サンデ・ータイムズ」紙のベストセラー・リストにランクインした著書をはじめ、数々の歴史ノンフィクションの著作があり、若者向けに歴史フィクションも書いている。2018年、人民代表法100周年に寄せてBBCが制作した女性参政権論者についての歴史特別ドキュメンタリー番組ではプレゼンターを務め、歴史と遺産への貢献を讃えられて大英帝国勲章を授与された

ハールバート,ホーリー[ハールバート,ホーリー] [Hurlburt,Holly]
南イリノイ大学史学科教授。専門は女性、ジェンダー、近代ヴェネチアと地中海地方全域の覇権(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

31
女性の歩んできた道を時系列で並べつつ、広範囲で紹介している素晴らしい図鑑です。娘が高校生ぐらいになったら、一緒に楽しめそう。最近は女性が主人公の素晴らしい絵本がたくさんありますが、まだまだ女性への理解を子どものうちから理解していってほしい!できたら学校に一冊必ずおいてほしいな…とおもいました。しかし…この本重かった…。2020/02/21

慧の本箱

19
『侍女の物語』の続編『誓願』と並行して手にした本書。奇しくも女性が主体となった作品。架空のディストピア作品とこちらは女性の世界史。とても共通点がある。2012年パキスタンのタリバンは女性教育を禁止し100以上の女子学校を爆破している。2021年女性議員の割合、日本は166位。ジョージ王朝時代、本をよく読む女性はそれだけで精神病院に入れられた。又薬草の知識や知恵のある女性を魔女として処刑した等々。胸の悪くなるような女性の歴史を生き抜いてきた先輩諸氏!今こうして何の憂いも無く書物を手にできて有り難い限りです。2021/05/17

くさてる

18
紀元前から現代まで、歴史の中の女性の存在を追った世界史図鑑。見開きで写真も豊富、テーマも絞られていてわかりやすいぶん、ひとつひとつの事柄をもっと掘り下げて欲しいと思うところもあり。しかし、それをぜんぶ押さえていたら、とてもではないがこの厚さに収まらなかっただろう。なので歴史のなかの女性というテーマの入門書として最適なのではと思います。冷静で落ち着いた筆致で読み応えあります。2020/02/15

taku

16
古代から現代まで地域を限定することなく、様々な視点で紐解く女性の歴史であり、イコール人類の歴史だ。女性たちが残した言葉や歴史を変えた女性、人物伝など情報量は限られるが構成の工夫は悪くない。ジェンダー差別やフェミニズムを知るなら、誰かの主張や思想からではなく歴史の線を捉えることから始めるといいのだろうね。伝統や常識に屈せず、未来のために声をあげるのが容易かったことはない。2021/01/21

ヘジン

8
どうして自分はこの本に記載されている女性達の名前やエピソードの多くを学校で教わっていないのか。なぜ彼女たちの行動が歴史の教科書に載せる価値はないと判断されたのか。紀元前から現代までさまざまな国や分野に亘っての女性を巡るトピックを取り上げた本。図鑑で写真や絵が豊富なので読みやすい。18世紀の女性は〈本の読みすぎ〉という理由のみで精神病院に入れられた。「本が社会の脅威となりうることを思えば、なんら不思議なことではない。」とある。ならばますます生涯を通して本を読み続けてやると決意を新たにする。2021/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14129822

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。