無党派運動の思想―「共産主義と暴力」・再考

個数:
  • ポイントキャンペーン

無党派運動の思想―「共産主義と暴力」・再考

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784755400865
  • NDC分類 309
  • Cコード C1036

内容説明

広松渉、山谷、沖縄、連合赤軍、共産主義と暴力をめぐる思考。

目次

「無党派」ということ―まえがきにかえて
共産主義(マルキシズム)と「東亜の新体制」―「最後の広松渉」をめぐって
十年後の「山谷―やられたらやりかえせ」―権力と右翼(ヤクザ)の暴力の記憶
沖縄の反基地闘争と基地の「記憶」―私たちと沖縄を結ぶもの
「連合赤軍」という問題―「全共闘経験」をめぐって