音の力 沖縄―奄美・八重山・逆流編

個数:

音の力 沖縄―奄美・八重山・逆流編

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 219p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784755400759
  • NDC分類 762.199
  • Cコード C0073

内容説明

奄美、八重山、宮古…。琉球弧に暮らし、旅し、流れる人たち。まぼろしの故郷に帰還する移民たち。忘れられた「うた」をすくいあげる記憶の旅。そして、私たちはどのように「沖縄」と向き合うのか。さまざまな場所からの問いかけ。貴重なインタビューと斬新な論稿により、「沖縄音楽」に対してかつてない視座を提供する第二集。

目次

里国隆のうたを聴きに行った頃―竹中労と島うたのことども
北韓27度線の島唄 沖永良部島で聞いたこと
奄美の「音」を記録する
島唄ぐゎ風に乗り
「声」のナショナリズム
月と野人
大工哲弘と「広島」
アメリカのチカーノ、日本の沖縄。僕たちは日本のロス・ロボスだ
与世山澄子インタビュー〔ほか〕