物質・材料テキストシリーズ<br> 固体電子構造論―密度汎関数理論から電子相関まで

個数:

物質・材料テキストシリーズ
固体電子構造論―密度汎関数理論から電子相関まで

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 233p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784753623020
  • NDC分類 428.4
  • Cコード C3042

目次

1 結晶の対称性と電子の状態
2 電子ガスとフェルミ液体
3 密度汎関数理論とその展開
4 1電子バンド構造を決定するための種々の方法
5 金属の電子構造
6 正四面体配位半導体の電子構造
7 電子バンドのベリー位相と電気分極
8 第一原理分子動力学法
9 密度汎関数理論を超えて
付録(第一原理電子構造計算における数値計算の諸問題;第一原理分子動力学法における数値計算の諸問題;第一原理電子構造計算プログラム・パッケージ)

著者等紹介

藤原毅夫[フジワラタケオ]
1944年生まれ。1967年東京大学工学部物理工学科卒業。2007年東京大学大学院工学系研究科を定年退職。2007年より東京大学大学総合教育研究センター。東京大学名誉教授。工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。