具体性の哲学―ホワイトヘッドの知恵・生命・社会への思考

個数:

具体性の哲学―ホワイトヘッドの知恵・生命・社会への思考

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 03時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 304p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784753103287
  • NDC分類 133.5
  • Cコード C0010

内容説明

生命力溢れる具体的なものの哲学。相対性理論の成果を抱合した“抱握”という概念を視座に、難解といわれ続けたホワイトヘッドの『過程と実在』を平易に解読した新進気鋭による哲学書。

目次

第1部 具体的なもののほうへ(ホワイトヘッドとラッセルにおける空間論の交差と乖離;ホワイトヘッドと相対性理論;抱握について―ホワイトヘッド『科学と近代世界』における抱握概念の誕生;具体性の詩と科学から概念の自由で野生的な創造へ;実在について―シャヴィロとハーマンへの応答)
第2部 形而上学のほうへ(生成と主体;抱握について―ホワイトヘッド『科学と近代世界』における抱握概念の誕生;具体性の詩と科学から概念の自由で野生的な創造へ)
第3部 生成のほうへ(現実的存在とは何か;生成消滅の形而上学)
第4部 アナキズムのほうへ(具体性の知恵―ホワイトヘッド、ラトゥール、ステンゲルス;知恵と生―ベルクソン、大杉、ホワイトヘッド;アナキズムのほうへ、おもむろに―ホワイトヘッド、鶴見、金子)

著者等紹介

森元斎[モリモトナオ]
九州産業大学・龍谷大学非常勤講師。専攻:哲学、思想史。1983年東京生まれ。中央大学文学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。博士(人間科学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

overture

16
ホワイトヘッドの初期から晩年に至るまでの思想の展開を追いながら、それと並行してラッセル、ベルクソン、ドゥルーズ、グレアム・ハーマン、さらには大杉栄、鶴見俊輔といったさまざまな思想家・哲学者との比較を行うことでホワイトヘッド哲学の持つ可能性が探られている。テーマは多岐に渡り章によってはかなり抽象的な議論がなされているが、その根底には具体性に根付くことへのシンプルな主張があり、そのことを繰り返し説く著者の筆致は時にリリカルで熱い。2016/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9922949

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。