資本主義後の世界のために―新しいアナーキズムの視座

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 211p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784753102679
  • NDC分類 309.7
  • Cコード C0010

内容説明

想像力の領域に切り込む人類学的価値理論が、歴史と民衆を未来へと拓き、希望なき資本主義社会のオルタナティヴを提示する。

目次

D・グレーバー/インタビュー1 新しいアナーキズムの政治(新しいアナーキズム1―組織論について;新しいアナーキズム2―戦術をめぐる攻防;マルクス主義とアナーキズム1―戦略分析と実践倫理 ほか)
D・グレーバー/インタビュー2 新しいアナーキズムの哲学(社会学とユートピア;理性と道理;贈与の類型学 ほか)
D・グレーバー/論文 負債をめぐる戦略
D・グレーバー+矢部史郎/対話 資本主義づくりをやめる(前衛主義と暴力をめぐって;フェミニズムと低理論の実践;自律と表現)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Daimon

1
いたって穏当なアナーキズム。そもそも共産主義というシステムが社会を覆うことなどあるのだろうか?否、我々が生活している中にそうしたーいやむしろ、そうしてものがなければ生活が成り立たないようなーものとして既にして組み込まれているではないか。そうしたものを直截に見つめ、資本主義後の社会を考えられないか?いたって穏当である。面白いのは、こうした連帯が、「最も疎外されていない人びと(例えば芸術家)」と「最も抑圧されている人びと」が出会うことによって結成され、社会変革に繋がっていくという示唆だった。2017/08/04

ルートビッチ先輩

1
「資本主義とは、結局、現存する共産主義を管理する一つの方法」。本書はデヴィッド・グレーバーのインタビュー2本(「新しいアナーキズムの政治」「新しいアナーキズムの哲学」)と論文「負債をめぐる戦略」と矢部史郎との対談「資本主義づくりをやめる」から成っている。手の届く範囲以上の大きなものは不可能だと認識することによって、現実が逆説的に把握できる。ユートピアを批判し、自然な社会関係などそもそもないという資本主義批判のかわし方はそこから批判できる。多くのものをまとめあげていく権力に抗い個と個の関係から発想する。。2015/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/401459

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。