カルパッチョ!カルパッチョ!―和・洋・中・韓の進化する魅力 (改訂版)

個数:

カルパッチョ!カルパッチョ!―和・洋・中・韓の進化する魅力 (改訂版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年06月01日 08時43分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 200p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784751113776
  • NDC分類 596
  • Cコード C2077

目次

日本で花開いたカルパッチョ。
カルパッチョの原点。(『IL Bacaro』総料理長・山崎大輔)
それは、真鯛のカルパッチョから始まった。(『ラ・ベットラダオチアイ』オーナーシェフ・落合務)
僕が、70年代末に考えた野菜のカルパッチョ。(『ラ・ロシェル』オーナーシェフ・坂井宏行)
カルパッチョの、さらなる可能性。(FOOD ARCHITECT LAB統括料理長・菅原真)
人気店のカルパッチョ。
イタリア料理 タベルナ・アイ(東京・関口)
地場野菜イタリアン カポナータ(埼玉・越谷)
フランス料理 レ・サンス(神奈川・横浜)
bisous神楽坂(東京・神楽坂)〔ほか〕