だれも語らなかったすしの世界―わが国におけるすしの文化誌史的研究

個数:

だれも語らなかったすしの世界―わが国におけるすしの文化誌史的研究

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年06月04日 21時00分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ B5判/ページ数 273p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784751112267
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C2077

目次

1 わが国のすし文化に関する研究史(文献について;自然科学的アプローチ ほか)
2 すしの歴史に関する研究(すしに対する従来の歴史観;「古さ」の再認識 滋賀県のフナずしの「原初性」 ほか)
3 すしの分布に関する研究(すしの分布と遍在性への提言;すしの分布域 愛知県名古屋市周辺のハエずし ほか)
4 すしの民俗に関する研究(すしの民俗性に関して;すしの将来性 滋賀県湖南地方の早ずしと京都府京都市に北接する地域のサバの発酵ずし ほか)
5 本書のまとめと今後の課題(本書のまとめ―すしは文化であるか;今後の課題)

著者等紹介

日比野光敏[ヒビノテルトシ]
1960年岐阜県大垣市に生まれる。名古屋大学文学部卒業、名古屋大学大学院文学研究科修了後、岐阜市歴史博物館学芸員、名古屋経済大学短期大学部教授、京都府立大学和食文化研究センター特任教授を歴任。すしミュージアム(静岡市)名誉館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。