小さなカフェの開業物語―15店のオーナーに聞いた、リアルなカフェストーリー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 135p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784751110317
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C2034

内容説明

個人経営カフェ15店の詳細な開業実例を紹介。

目次

cafe紅―東京・日本橋「下町の和カフェ」
トリトリノキ―東京・西早稲田「姉妹が営むアトリエのような場所」
irodori―静岡・伊豆仁田「地元に戻って開業」
yomo‐羊毛―東京・三鷹「夜遅くまで営業する自然派カフェ」
喫茶居桂詩―東京・千蔵船橋「『こけし』をテーマにした店造り」
お茶とお菓子まやんち―東京・蒲田「マンションの1室を隠れ家カフェに」
百塔珈琲―東京・駒込「理想の味を追求する、自家焙煎珈琲店」
カフェ分福―東京・高円寺「若者の街で、大人の店を」
lene cafe―埼玉・川越「野菜から育てる、こだわりメニュー」
ねじまき雲―東京・国分寺「2店舗で3つの営業スタイルを展開」
ブック・カフェ・ギャラリー PNB-1253―埼玉・秩父「土地購入からのスタート」
CAFE TERVE!―東京・西池袋「友人同士での開業」
senkiya―埼玉・東川口「実家をセルフリノベーション」
cafe ju-tou―茨城・取手「マクロビオティック チャイニーズ」
喫茶ミンカ―神奈川・北鎌倉「古いものを大切にする一軒屋カフェ」

著者等紹介

渡部和泉[ワタナベイズミ]
カフェライター、菓子・料理家。書籍・雑誌を中心に活動。週末カフェを3年間営んでいた経験をもつ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

魚京童!

9
私がどこで働くと似あってますか?って聞いた答えにカフェっていうのがあったので読んでみたんですけど、大変ですね。そしてすごい情熱をもって始められていて私には無理だろうと思うのです。でもそうするとどこにも似合っている場所なんてない気がして結局手に入れる自由があるという不自由の中で迷子になっている気がするのです。大体ネットで適職診断すると不適合ってなって芸術系とかいいよーって薦められますがあれほどなんだろうね。よくわからないしね。今から始められる芸術ってありますか?って感じなんですよね。久々に丁度を目指してる。2015/05/24

ちいさな図書館

4
夢を叶えるには、コツコツとした努力が必要。地味で目立たないことの積み重ねから逃げなかった時にだけ、達成感と共に夢は叶うし、叶ったら終わりじゃないのだな。年末年始スタートに相応しい本だった。2013/12/23

Take

1
カフェの間取りやメニューブック、オーナーからのひと口アドバイスがあり参考になる。よみかえしてみたい。2014/08/11

ひでぽん

0
カフェ行きたくなった((´∀`))2015/11/14

まさなる

0
実際に開業しているカフェの実際のところが、かなり詳しく書かれている。間取りとか食事のメニューとか、自分で開業しようとしなくても、興味深いものがある。全体的に掲載されている写真がきれいで、雰囲気の良いカフェに自分も言ったような気分にさせてくれるので、写真を眺めているだけでも楽しい。最後に、カフェのオーナーになるのは、体力的にもかなり大変だなということはよく分かった。2019/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6945133
  • ご注意事項