亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ<br> 消えた冒険家

個数:
電子版価格
¥2,750
  • 電書あり

亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ
消えた冒険家

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月21日 06時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 488p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750517841
  • NDC分類 936
  • Cコード C0095

出版社内容情報

《息子の身に何が起こったのか?》



雪山登山から氷河、ジャングルまで数々の冒険を共にし、興奮と喜びを味わってきた一家。

だが、単身向かったコスタリカで息子は消息を絶ってしまう。



無事を信じる父親による、命をかけた執念の捜索が幕を開ける。

冒険旅行の魅惑と、親子の固い絆を描くノンフィクション。



----------------------



生物学者で冒険家の著者は、妻と二人の子どもを連れ、雪山登山や急流下り、世界各地へ旅を重ねていく。

だが単身冒険旅行に出た息子がジャングルの奥で行方不明に。

「自分が冒険など教えなければこんなことにはならなかったのだろうか」という後悔の念を抱きつつ、父は必死に捜索を続けるのだが……。

内容説明

雪山登山から氷河、ジャングルまで数々の冒険を共にし、興奮と喜びを味わってきた一家。だが、単身向かったコスタリカで息子は消息を絶ってしまう。無事を信じる父親による、命をかけた執念の捜索が幕を開ける。冒険旅行の魅惑と、親子の固い絆を描くノンフィクション。

目次

プロローグ:家族
第1部(ユージベリ;テン・ナイン・テン;ペギー・メイン ほか)
第2部(メキシコ;グァテマラ;エル・ペテン ほか)
第3部(「連絡をくれ!」;ドンディ;コーナーズ ほか)
エピローグ:肉、カラス、種

著者等紹介

ダイアル,ローマン[ダイアル,ローマン] [Dial,Roman]
アメリカの冒険家。アメリカ・パシフィック大学教授。ナショナルジオグラフィックは彼について「登山、アイスクライミング、ラフティング、そして未開地にて開催される過酷な耐久レースにおいて数々の偉業を達成する人物」であり「生きる神話だ」と紹介している。元ナショナルジオグラフィック専属の探検家である彼は、スタンフォード大学で博士号を取得し、現在はアンカレッジで暮らしている

村井理子[ムライリコ]
翻訳家・エッセイスト。1970年静岡県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星落秋風五丈原

18
疾走した息子を探す冒険家の父。ドキュメンタリー制作者も巻き込んでの捜索。2023/07/07

コウジ

5
十代でアラスカに移住した著者が自然に魅入られ山や僻地で過ごす内に恋人や家族が出来て家族でも冒険旅行をする様になり、息子も同じ様に冒険やアドベンチャーレースに打ち込み、コスタリカのジャングルで消息を断つ。 外国での捜索は困難を極め父で有る著者自身の思いが綴られる。 結末はネタバレ禁止でしょうから、お読み下さい。1冊目。2024/02/01

藤中恭美

5
息子を捜しながら、著者が子供のころから冒険に連れて行ったのは間違ったことだったのかと煩悶するシーンなど、冒険家ゆえの後悔が読み手に伝わって、どうにか無事で生きていてほしいモードになる。 途中、テレビのドキュメンタリーチームが介入しての解決にどんよりしながらも、地道に自分の息子を信じて捜す著者。 救いのない中でも、光が差すような結末まで一気読みという感じでした。 ノンフィクションの力を感じた作品であり、ノンフィクションというのはこうでないとと思わせる着地点だったかもしれない。★★★☆2023/06/23

ちゃーとら

3
【図書館本】冒険家でもある著者がジャングルで失踪した息子を探すノンフィクション。愛情と苦悩が伝わり後半は一気に読んだ。何も分からないということが一番辛いよね。本筋ではないけどメディアはどこの国も似たりよったりなのかと…2023/07/15

タカオ

2
訳者の村井理子さんがお薦めしていたので。ぐいぐいと惹き込まれ、ひたすらに親が子を想う気持ちを信じさせる作品であった。2023/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20897473
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。