人生100年時代の養生訓―長寿がもたらす難問を解く

個数:

人生100年時代の養生訓―長寿がもたらす難問を解く

  • ウェブストアに37冊在庫がございます。(2020年07月05日 22時14分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 143p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750516479
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C0077

内容説明

日本人の平均寿命と健康寿命のギャップは男女とも約10年。その10年間に、歩けなくなる、食べられなくなる、認知できなくなるなど、様々な問題が噴出する。この10年を健やかに過ごすには、なにより「運動」と「栄養」と「筋肉」が大切になってくる。さらには「社会とのつながり」も重要だ。本書は、最新の老年医学の知見と地域医療の経験から、誰にでもできる「人生ラスト10年の難問」の対処法をやさしく伝授する。これからは、貯金ではなく「筋肉貯金」をめざそう!

目次

序章 グレート・ジャーニー
1章 人生ラスト10年問題
2章 サルコペニアに備えよう
3章 低栄養という壁
4章 筋肉はみんなの資産
5章 みんなで健康になろう

著者等紹介

秋山和宏[アキヤマカズヒロ]
医学博士、MBA(経営学修士)、社会起業家。1990年防衛医科大学校医学科卒業。1996年東京女子医科大学にて医学博士号取得。現在医療法人財団松圓会東葛クリニックみらい院長、一般社団法人チーム医療フォーラム代表理事を務める。地域医療に携わりながら、社会起業家として、いのちをテーマにしたプレゼンイベント:MED Japanなどを主宰している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。