未来のプルードン―資本主義もマルクス主義も超えて

個数:

未来のプルードン―資本主義もマルクス主義も超えて

  • ウェブストアに20冊在庫がございます。(2020年07月05日 21時33分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750516448
  • NDC分類 309.335
  • Cコード C0010

内容説明

世界中の人々の暮らしと経済が脅かされ、急速に資本主義システムの限界が露呈しつつある今、社会と市民に不平等を招く「垂直的権力構造」の解体を掲げたプルードン主義を再評価する。ポスト資本主義への処方箋。マルクスはプルードンの「所有」の概念に衝撃を受け、経済学に邁進した。プルードンはさらに変化を遂げ、アソシアシオンという画期的な考え方に到達する。資本主義の行き詰まりを打破する思想として、大いなる実践家でもあったプルードンの柔軟な思考と取り組みに光をあてた一冊。

目次

序論 ライバル、そして乗り越えるべき反面教師
第1章 プルードンは再起する―彼がつねに呼び出される理由
第2章 プルードンとは何者か―独創的かつ実践的な思想家
第3章 フランス革命の欠陥―「所有」をめぐるプルードンの画期的論考
第4章 マルクス作品への影響―『経済・哲学草稿』などをめぐって
第5章 大事なのは革命ではなく「経済」である―実践的社会改革派の思想
第6章 マルクスをプルードンで再生させる道―アソシアシオンとコミューン、相互主義と連邦主義

著者等紹介

的場昭弘[マトバアキヒロ]
1952年宮崎市生まれ。哲学者・経済学者。神川大学副学長。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。