詩集 愛について

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

詩集 愛について

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2021年10月20日 12時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 115p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750516424
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0095

内容説明

痛みとよろこびを知るすべての人に贈る36の詩。

目次

定義1
弱い人

受苦
定義2
車窓
悲愛
時のありか
時のきらめき
傘〔ほか〕

著者等紹介

若松英輔[ワカマツエイスケ]
1968年新潟県生まれ。批評家、随筆家、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて第十四回三田文学新人賞評論部門当選、2016年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』(慶應義塾大学出版会)にて第二回西脇順三郎学術賞受賞、2018年『詩集 見えない涙』(亜紀書房)にて第三十三回詩歌文学館賞詩部門受賞、『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋)にて第十六回角川財団学芸賞、第十六回蓮如賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

momo

31
ボードレールのような、難解で考え込んでしまうような言葉はひとつもない。そこにあるのは、筆者の心の奥底にあるそのままの気持ち。だからこそ我々にも、悲しみや切なさや愛おしさがストレートに伝わってくる。なぜ人は、失ってから初めてその愛の深さ、幸せの在処に気づくのだろう。2020/08/18

フム

29
美しい本。愛を知ることの喜びよりも、愛することで生まれる悲しみについて書かれていて、読んでいると心がしずまってくる。「愛しみと書いて かなしみと 読むそうです」「愛することは 悲しみを 積み上げること…」そうだなぁ…と思う。2020/10/19

双海(ふたみ)

16
再読。愛ってなんだっけ?っていう感じになったので。「光」という詩から・・・「言葉で/おもいを/告げるのも/いいけれど/気づかれないように/ひとりで/あなたをおもって/祈っているのもいい」2021/01/12

双海(ふたみ)

15
再読。安易な空想に逃げることなく、また、俗事に堕することもなく、絶妙なバランスを保ちながら紡がれる愛の詩。2020/08/14

小波

13
美しい詩たち…。あまりに美しく整っているからか…私はあまり共感も感動もできなかった。私には馴染みのない品々がショーケースに陳列されているようで…一つ一つの詩が…手に取るべきか迷ってしまった。こうした詩に共感できないなんて…自分は薄情な人間なのかもしれないと…不安と妬みのような気持ちになってしまった。これをすんなりと心に取り入れられる人になりたいと思った。表紙が美しく….私の本棚はこの詩集を気に入ってくれそうです。2020/10/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15667570

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。