いのちの巡礼者―教皇フランシスコの祈り

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

いのちの巡礼者―教皇フランシスコの祈り

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月21日 21時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 142p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750516325
  • NDC分類 198.24
  • Cコード C0095

内容説明

「声を発しても耳を貸してもらえない人たちの口になるために」来日した教皇。弱き人々の届かぬ叫びとは何か。いま私たちは何を考え、どう行動するべきなのか。キリスト教を超え、全ての人々に重い問いを投げかける教皇のメッセージ。その核心を読み解く。

目次

1(「弱き者」の使者;出向いて行く教会;心が痛みに震えるとき;橋をかける人;「貧しい人」に学ぶ ほか)
2(貧しい人に導かれて―教皇フランシスコの革命;声を発しても耳を貸してもらえない人の声;平和の巡礼者;いのちのありか;いのちの声に出会う―教皇フランシスコからの問いかけ ほか)

著者等紹介

若松英輔[ワカマツエイスケ]
1968年新潟県生まれ。批評家、随筆家、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて第14回三田文学新人賞評論部門当選、2016年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』(慶應義塾大学出版会)にて第2回西脇順三郎学術賞受賞、2018年『詩集見えない涙』(亜紀書房)にて第33回詩歌文学館賞詩部門受賞、『小林秀雄美しい花』(文藝春秋)にて第16回角川財団学芸賞、第16回蓮如賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yuko

8
<弱き人々の届かぬ叫びとは何か。何を考え、どう行動するべきなのか。カトリック信徒でもある著者が、38年ぶりに来日したローマ教皇の言葉を深く味わいながら、現代日本の諸問題と希望の可能性を考える。> 2020年 直にお会いする機会を得られなかったのは本当に残念だったが、本著を通して、教皇フランシスコの来日の意味、そして彼の霊性に触れられたことに感謝したい。 2020/07/13

セシリア

1
若松英輔氏の本はこれで2冊目。2019年11月に実現した教皇フランシスコ来日の意義を深めるべく、来日前のインタビューや教皇滞日スケジュールを共にしながらの思索がまとめられている。『種まく人』でも感じたが、若松氏の思索の深さに導かれる一冊。若松氏の大学時代からの知人によると、氏の読書量は半端ないそうだ。2020/03/16

くらーく

0
イエズス会ねえ。学生時代には必ず覚えているフランシスコ・ザビエル。現在もイエズス会があって、教皇フランシスコはそこからきているとか。へーだね。 来日前後に新聞、雑誌等に掲載されたものをまとめているので、同じことが繰り返し書かれている感は否めない。でも、だからこそ大事な事が分かってくる。フランシスコ教皇が弱いもの、貧しいものへ手を差し伸べる気持ちがとても強い事。いじめや差別について懸念している事。教会は差別なく自らが出向き寄り添うこと等々。 人格は環境が作ることも教えられる。安心安全に溺れていてはだめだな。2020/05/30

きょん

0
寄り添い、祈りたい。2020/04/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15320437

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。