亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ<br> 黄金州の殺人鬼―凶悪犯を追いつめた執念の捜査録

個数:
電子版価格 ¥2,750
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ
黄金州の殺人鬼―凶悪犯を追いつめた執念の捜査録

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2021年09月22日 13時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 460p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750516141
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0095

内容説明

1970‐80年代に米国・カリフォルニア州を震撼させた連続殺人・強姦事件。30年以上も未解決だった一連の事件の犯人を追い、独自に調査を行った女性作家による渾身の捜査録。

目次

第1章(一九八一年カリフォルニア州アーバイン;一九八〇年デイナポイント;二〇〇九年ハリウッド;オークパーク;一九七六‐一九七七年サクラメント ほか)
第2章(二〇一二年サクラメント;二〇一二年イーストサクラメント;カフスボタン最終章;二〇一二年ロサンゼルス;二〇一三年コントラコスタ郡 ほか)
第3章 ポール・ハインズとビリー・ジェンセンによる

著者等紹介

マクナマラ,ミシェル[マクナマラ,ミシェル] [McNamara,Michelle]
作家、犯罪ジャーナリスト(1970‐2016)。「黄金州の殺人鬼」と自ら名付けた連続殺人・強姦犯を長年にわたり独自に捜査し、多数の記事を「ロサンゼルスマガジン」誌他に寄稿。その後、『黄金州の殺人鬼―凶悪犯を追いつめた執念の捜査録』を執筆中に死去。その遺稿をもとに彼女自身が立ち上げたサイト「トゥルー・クライム・ダイアリー」のメンバーと俳優の夫パットン・オズワルト、その他編集者がまとめあげた

村井理子[ムライリコ]
翻訳家・エッセイスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

112
1980年前後にカリフォルニア州=黄金州で十数件の殺人と何十件ものレイプ事件を起こした男は、30年以上のちに逮捕された。元警察官だった。彼を追っていたジャーナリストのマクナマラは執筆中に急死。未完の原稿を夫らが仕上げた。犯人逮捕はこの本の発刊後間も無くだった。その意味でセンセーショナルだが、原稿はうまくまとまっておらず、急死した作者自身の体験も多く、訳も読みにくい。犯人逮捕の決め手は、結局DNAとはなんとも…。最初の100ページほどと後書き以外はざっくりと読んだ2020/02/24

Panzer Leader

63
1970-80年代にカリフォルニア州を恐怖に陥れた連続殺人・強姦事件。余りに広範囲そして数多くの犠牲者を生んだため、複数の犯人と思われていたが、DNA鑑定により単独犯の犯行と判明。彼を「黄金州の殺人鬼」と名付けた女性作家の全ての情熱を傾けた渾身のルポルタージュ。彼女は本書を上梓することなくこの世を去ってしまうが、夫と協力者によって執筆・出版された。その後逮捕された真犯人に対して本書は直接には寄与していないものの、彼女の綿密なる取材・犠牲者を思う気持ち・犯人を憎む思いが解決に導いたことは間違いない。2020/08/25

キムチ27

51
あ~~やっと終了・・もう えーわとの読後。何時頃だったろう・・テレビで「プロファイリング」関連が大はやりしたことを思い出した。筆者は完成を見ることなく捕まった犯人の実像に自ら迫ることなく夭折。この作品を仕上げる為気力体力共に消耗してしまったのかと思ってしまうほどの力作。日本人にはあるだろうか?赤軍派とかオウム事件とか酸鼻極める事件をかように執念で追跡し、纏め上げる人が!もっとも、読みたくないが。ラスト アメリカ史上最悪の犯人の顔が出ているが・・正常のスタンスで読み続けられなく異常な形で読み切った(笑) 2020/11/12

ヘラジカ

38
序盤は本筋とは関係のない作者の来歴や別の事件などを長々と読まされて苛ついたが、いざ本書のテーマである"EAR"の話が始まると、ほんの数百ページであまりのおぞましさに気分が悪くなった。おかしな話だが殺人鬼としての凶悪な事件ばかりを頭に思い浮かべていたために、連続する婦女暴行事件の細部に耐えられなかったのだ。正直に言うと半分ほど読んで半ば挫折してしまった。後半は読み飛ばし。数字だけを聞いても不快感を味わうのに、更には結局ほんの最近まで野放しになっていたということが最初に明かされるので途中で読む気力が尽きた。2019/10/01

ぐうぐう

34
被害者にとって、あるいは遺族にとって、犯罪の記憶は一生消えることはない。しかし社会は、熱狂を煽った後、いとも簡単に忘れてしまう。それが、いかに極悪な犯罪であっても。1970〜1980年代、カリフォルニア州で、少なくとも12人を殺害、50人以上を暴行、100件以上の強盗を働いた男がいた。この卑劣で非道な未解決事件ですら、時間の経過と共に人々の記憶から消え去ってしまった。ある一人の女性が事件の再調査を開始し、「黄金州の殺人鬼」と名付けるまでは。本書は、事件を扱ったノンフィクションではあるが、(つづく)2019/10/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14463398

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。