そろそろ左派は“経済”を語ろう―レフト3.0の政治経済学

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

そろそろ左派は“経済”を語ろう―レフト3.0の政治経済学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月27日 22時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 315p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750515441
  • NDC分類 331.04
  • Cコード C0030

出版社内容情報

バージョンアップせよ、これが左派の最新型だ!



日本のリベラル・左派の躓きの石は、「経済」という下部構造の忘却にあった!

アイデンティティ政治を超えて、「経済にデモクラシーを」求めよう。



左派の最優先課題は「経済」である。



「誰もがきちんと経済について語ることができるようにするということは、善き社会の必須条件であり、真のデモクラシーの前提条件だ」

欧州の左派がいまこの前提条件を確立するために動いているのは、経世済民という政治のベーシックに戻り、豊かだったはずの時代の分け前に預かれなかった人々と共に立つことが、トランプや極右政党台頭の時代に対する左派からのたった一つの有効なアンサーであると確信するからだ。

ならば経済のデモクラシー度が欧州国と比べても非常に低い日本には、こうした左派の「気づき」がより切実に必要なはずだ。(ブレイディみかこ/本書より)

第1章:下部構造を忘れた左翼

第2章:「古くて新しい」お金と階級の話

補論1:来るべきレフト3.0に向けて

第3章:左と右からの反緊縮の波

第4章:万国のプロレタリアートは団結せよ!

補論2:新自由主義からケインズ、そしてマルクスへ

ブレイディ みかこ[ブレイディ ミカコ]
著・文・その他

松尾 匡[マツオ タダス]
著・文・その他

北田 暁大[キタダ アキヒロ]
著・文・その他

内容説明

日本のリベラル・左派の躓きの石は、「経済」という下部構造の忘却にあった!アイデンティティ政治を超えて、「経済にデモクラシーを」求めよう。バージョンアップせよ、これが左派の最新型だ!

目次

第1章 下部構造を忘れた左翼
第2章 「古くて新しい」お金と階級の話
補論1 来るべきレフト3.0に向けて
第3章 左と右からの反緊縮の波
第4章 万国のプロレタリアートは団結せよ!
補論2 新自由主義からケインズ、そしてマルクスへ

著者等紹介

ブレイディみかこ[ブレイディミカコ]
イギリス・ブライトン在住の保育士・ライター・コラムニスト

松尾匡[マツオタダス]
1964年石川県生まれ。立命館大学経済学部教授。専門は理論経済学

北田暁大[キタダアキヒロ]
1971年神奈川県生まれ。東京大学大学院情報学環教授。専門は社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

榊原 香織

43
ライトの人は、こんなこと書いたら右って言われるかもしれないけど、と言い訳するパターン多いが、レフトの人は堂々と公言してる。 これは日本だけの現象か? レフト3・0とは左派のバージョンアップ 現在3回目 イギリスだとコービン(初めて写真見たが、名前見る前から誰かピンときた。イメージ通りw)2022/05/27

おたま

37
経済学者の松尾さん、社会学者の北田さん、そして英国在住の保育士ブレイディさんの三者による鼎談。現在の日本の左派は、経済政策で有効な論点を提出しておらず、そのために「アベノミクス」によって与党の選挙戦勝利を奪われてきてしまった。だが、欧州等では「反緊縮」を押し出した政権や党派が人々から支持を得て、財政改革の実績も積み上げてきているという。日本では左派が「改憲」や「安全保障」が前面に問題としているが、それよりも「雇用」「格差」を生み出している現在の財政運営に代わる左派の反緊縮政策を打ち出すべきだと述べる。2021/11/18

おおた

30
知識人が経済成長はやめて心の成長を目指そうというのは、中流以下の貧困層にとっておためごかしでしかない、と看破。心が豊かになるには精神の成長だけでは無理で、そこを安倍政権はうまく突いて成功している。野党はLGBTや反原発という、ある意味宗教ぽい政策を優先している。それはありようとして正しいけど、ふつうの人がふつうに働いて食べていけるようになることが先決で、派遣・契約の賃金が低いことや悪い労働環境が大きな問題。今の日本はここで語られるように「上」と「下」で労働者が分断されて中流の安定がない。2019/07/11

読特

29
「年収1000万円以下所得税免除」「消費税5%」=某野党の公約。本書が出された2018年からは大きな進歩。しかし、「プライマリーバランス」は”凍結”で、「消費減税」は時限的。両方とも廃止でよいではないか?英国でも労働党ブレア政権が緊縮だったが、現党首コービンは反緊縮で票を伸ばした。他の欧州各国も似たような動き。レフト2.0から3.0への進化とされる。米国で労働者の票を逃したクリントンに学んだバイデン政権。安倍一強に学べない野党。理想の啓蒙よりも目の前の暮らし。まだまだ本書に手にして欲しい左派がいる。2021/10/10

hk

28
「欧州では、自由・平等・人権を訴える金持ちをリベラル。自由・平等・人権を訴える貧乏人をレフトという。だからリベラルは規制緩和や民営化を支持するのだ」というフレディさんの皮肉には苦笑しつつも納得させられた。本書はかつて労働者を支援していたリベラルがいつの間にか少数派の人権問題だけに傾倒している現状を憂う。資本主義社会において労働者は多数派となるため「文化的リベラル」の保護対象外だという寸法だ。だがそれは経済が安定成長していた一過性の現象にすぎない。低成長にあえぐ現代人は「経済的リベラル」をこそ希求している。2018/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12786410

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。