バッド・フェミニスト

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

バッド・フェミニスト

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月29日 06時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 393p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750514949
  • NDC分類 934
  • Cコード C0095

内容説明

映画やテレビドラマや音楽などのポップカルチャー、社会に衝撃を与えた犯罪や事件、スターのDVやカミングアウト問題、フロリダの黒人少年射殺事件、ノルウェーの自爆テロ、歌手エイミー・ワインハウスの死…さまざまな話題を取りあげ、性差別と人種差別、経済格差が交差するアメリカの文化状況を「バッド・フェミニスト」として鋭く読み解くエッセイ集。

目次

私について(私を感じて。私を見て。私を聞いて。私をわかって。;奇妙な特権 ほか)
ジェンダーとセクシュアリティ(女友達の作りかた;ガールズ、ガールズ、ガールズ ほか)
人種とエンタテインメント(揚げ物調理の癒し効果、その他一九六〇年代ミシシッピの古風な思い出:『ヘルプ~心がつなぐストーリー』;『ジャンゴ』を生き延びる ほか)
政治、ジェンダー、人種(「尊敬され力」の政治学;ツイッターがジャーナリズムには不可能なことをするとき ほか)
ふたたび私について(バッド・フェミニスト:テイク1;バッド・フェミニスト:テイク2)

著者等紹介

ゲイ,ロクサーヌ[ゲイ,ロクサーヌ] [Gay,Roxane]
1974年ネブラスカ州生まれ。2011年に短編小説集『アイチ』を上梓。2014年、初のエッセイ集『バッド・フェミニスト』と長編小説『アンテイムド・ステイト』で人気作家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どんぐり

74
ハイチ系アメリカ人のコラムニストで大学教員が書いたエッセイ。「ジェンダーとセクシュアリティ」「人種とエンタテインメント」「政治、ジェンダー、人種」など話題は多岐にわたる。書名に魅かれて読んだものの、訳文が悪いのか期待したほどの面白さがない。ただし、映画『ジャンゴ』などにみるアメリカ文化の奥深くに埋め込まれた女嫌い(ミソジニー)とステレオタイプな黒人の扱われ方の酷評は面白かった。フェミニストとは「ただ単にクソみたいな扱いをされたくない女性たちのこと」。→2022/01/26

かもめ通信

23
この本の著者は小説家であり大学教員でもある。大学で彼女は、数少ない女性教員であると同時に、学内でただ一人の黒人の教員でもあるという。そんな彼女が時に鋭く、時に馬鹿馬鹿しく、ユーモアたっぷりに書き綴るのは、自身の経験を絡めたアメリカ社会のことや、小説のこと、TVドラマのことや映画のこと等々、歩けば、いや歩かなくても目を開けるだけで、否が応でも目にし、耳にし、考えざるを得ない「女であること」や「黒人であること」にまつわるあれこれ。時に笑い、時に憤慨しながらも肩肘張らずに読めるが、いろいろ考えさせられもする。2017/04/17

スイ

18
私はフェミニストだと、胸を張って言いたい。 けれど、フェミニストというのは強く賢く独立している完璧な人(近年フェミニストとして有名なエマ・ワトソンなどはまさにぴったりに思える)というイメージが私の中にあり、だらしない自分などが名乗ってはいけないと思ってしまう。 この作品で、著者は自身を「バッド・フェミニスト」と呼ぶ。 時には女性蔑視の文化をそれと知りながら楽しんでしまうことなども正直に書かれていて、読んでいて胸のつかえが取れるようだった。 様々な音楽や映画を題材に書かれており、2017/04/15

吾輩

14
小説や映画の評論を読んで、ああ、これまで気にしたことがなかったけれど、おそらく今まで私が読んだり観たりしてきた物語の作り手たちは白い肌の持ち主だったのだろうなあ、と、痛感しました。そして「気にしたことがなければそうなってしまう」ということの意味も。白い肌の作り手による創作物を摂取して培ったリテラシーは無意識に、しかしとても白人的になっていて、そのことで見えなくなっていたものが沢山あるのだと思います。タランティーノの『ジャンゴ』評とテイト・テイラーの『ヘルプ』評は私にとっては事件でした。勉強になりました。2017/02/19

jamko

14
一応数日前に読み終わってたのだけどちゃんと読み切れてる気がしなくて、手元に置いてパラパラ読み返してる。テーマも角度も多岐に渡って情報量が凄まじい。文章のキレはいいが読みやすいとは違う。回りくどいほど重ねる言葉に著者の誠意があるような気がしてグッとくる。あとタイトルに構えず、アメリカンカルチャーに興味がある人なら絶対面白いと思う。映画やドラマ、小説や音楽もたくさん引き合いに出されてるし。とりあえず私は『ロー&オーダー:性犯罪特捜班』DVDセットをぽちりたくてフルフルしてます。2017/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11482352

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。