自主講座「公害原論」の15年 (新装版)

個数:

自主講座「公害原論」の15年 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月23日 19時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 501p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750514673
  • NDC分類 519.04
  • Cコード C0036

内容説明

伝説の講座の熱気が蘇る!科学技術のあり方を根本から問い直し、立身出世のためではなく、生きるために必要な学問の創造をめざして1970年に始まった自主講座「公害原論」。宇沢弘文、星野芳郎、羽仁五郎、都留重人、松井やより、松下竜一ほか、多彩な講師を招き、反公害運動のみならず、大学改革の先駆的拠点となった講座の15年間の軌跡をたどる。

目次

序章 自主講座の十五年
第1部 公害を撃つ―招待講師の講演摘録(公害運動の社会理論;公害政策の検証;現場からのレポート;自主講座運動と国際舞台;被害からの出発)
第2部 行動しながら学ぶ―自主講座で体験したこと(座談会 自主講座を生みだしたもの;自主講座が生まれたころ;自主講座開講前後;公害原論との出会い;自主講座と私)

著者等紹介

宇井純[ウイジュン]
1932年東京生まれ。56年、東京大学工学部卒業後、日本ゼオン(株)に3年間勤務。65年、東京大学工学部都市工学科助手。70年、公害の研究・調査結果を市民に直接伝える場として自主講座「公害原論」を開講する。以後15年にわたって環境問題の市民学習運動を組織し、市民の手による公害監視運動、被害者救済・支援活動に携わるなど、全国の公害反対運動に対するサービス・情報ネットワークを築いた。86年、沖縄大学教授、88年、同大学地域研究所初代研究所長に就任。03年、沖縄大学を退職、同大学名誉教授。2006年11月永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

公害がまだ「公」に認められていなかった頃、反公害運動のみならず、大学改
革の先駆的拠点となった講座の15年間の軌跡…

序章 自主講座の十五年
第1部 公害を撃つ?招待講師の講演摘録(公害運
動の社会理論;公害政策の検証;現場からのレポート;
自主講座運動と国際舞台;被害からの出発)
第2部 行動しながら学ぶ?自主講座で体験したこと
(座談会 自主講座を生みだしたもの;自主講座が生ま
れたころ;自主講座開講前後;公害原論との出会い;自
主講座と私)

【著者紹介】
1932年東京生まれ。56年、東京大学工学部卒業後、日本ゼオン(株)に3
年間勤務。そこで水銀を扱った経験から、水俣病に関心を持つ。65年、東京大
学工学部都市工学科助手。水俣病に代表される公害問題が全国で多発するな
か、原因企業を厳しく糾弾する活動を展開したため、御用学者の多かった東京
大学で昇進の道を閉ざされ「万年助手」としてその名を知られることとなった。