不正選挙―電子投票とマネー合戦がアメリカを破壊する

個数:

不正選挙―電子投票とマネー合戦がアメリカを破壊する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月08日 00時38分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 343,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750514116
  • NDC分類 314.895
  • Cコード C0030

内容説明

2000年、アメリカ大統領選の混乱ぶりが世界的に報道された。たった一つの州(フロリダ)の数百票差でブッシュが勝ち、ゴアが負けたのだ。裏では何が起こっていたのか?問題は解決されたのか?ハッキングし放題の票集計マシンを使い続ける州務長官、党利党略の選挙区再編成、投票権を制限する法の乱立。世界一の民主主義国家、アメリカで現在も繰り広げられる、とんでもない選挙の実態を綿密に検証した衝撃のリポート集。

目次

二〇〇〇年
二〇〇二年
二〇〇四年
二〇〇六年
二〇〇八年選挙前
二〇〇八年選挙後~二〇一四年選挙前

著者等紹介

ミラー,マーク・クリスピン[ミラー,マーククリスピン] [Miller,Mark Crispin]
ニューヨーク大学教授。専門はメディア・文化・コミュニケーション学。世界の雑誌や新聞、そして自身のブログ“News From Underground”で、映画、テレビ、プロパガンダ、広告・カルチャー産業に関して執筆する。2004年、ニューヨーク・シアター・ワークショップで自ら手がけたショー「愛国者法」を上演、映画版もリリース。ニューヨーク在住

大竹秀子[オオタケヒデコ]
ライター、エディター。「デモクラシー・ナウ!ジャパン」編集委員。ニューヨーク在住

桜井まり子[サクライマリコ]
翻訳者。NPO法人自立生活センターグッドライフ所属。「デモクラシー・ナウ!ジャパン」運営委員。パレスチナの子どもの里親運動会員

関房江[セキフサエ]
リサーチャー、翻訳者。在ニューヨーク歴21年。投資銀行、商業銀行、証券会社勤務を経て、現在フリーランス。「デモクラシー・ナウ!ジャパン」運営委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

アメリカでは選挙のたびに不正疑惑が持ち上がっている。特に電子投票システムは、トラブルが多発。また「得票操作の指示」という内部告発まで出ている。世界一の民主主義を誇るアメリカで、ほんとうに不正選挙がはびこっているのか。