インターネットとヘイトスピーチ―法と言語の視点から

個数:

インターネットとヘイトスピーチ―法と言語の視点から

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月20日 16時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 242p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784750351841
  • NDC分類 316.8
  • Cコード C0036

内容説明

なぜ国際人権法の枠組みでとらえる必要があるのか、どのような法的規制が有効か、また差別表現の言語的構造はどのようになっているのか、そして言葉の暴力に抗し自己を保つ道徳的義務を果たすことができるのか…、国際的な比較研究、様々な事例検証を踏まえ学際的に考察する。

目次

巻頭エッセイ SNSと人権
鼎談 インターネットとヘイトスピーチ―コロナ禍後の世界
第1部 法の視点から(インターネットとヘイトスピーチ―国際人権法の観点から;ヘイトスピーチの社会問題化とヘイトスピーチ解消法)
第2部 現場の視点から(ドイツ国家社会主義地下組織(NSU)とドイツにおけるヘイトクライムに対する取り組み
ヘイトスピーチ根絶のための取り組み―鶴橋、ネット、二つの事例から見えるもの)
第3部 言語と倫理の視点から(常態化したヘイトスピーチの恐怖―コミュニケーション・ジャンルからの考察;ヘイトスピーチと互恵性原則―インターネット上のヘイトスピーチについてドイツでの事例をもとに考える)

著者等紹介

河村克俊[カワムラカツトシ]
関西学院大学法学部および大学院言語コミュニケーション文化研究科教授。専門は西洋近代哲学史、特に18世紀ドイツ哲学

中川慎二[ナカガワシンジ]
関西学院大学経済学部および大学院言語コミュニケーション文化研究科教授。専門はドイツ語教育、異文化間コミュニケーション、言語教育政策、談話分析、ヘイトスピーチ研究

金尚均[キムサンギュン]
龍谷大学法学部教授。専門は刑法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

崩紫サロメ

16
関西学院大学で2015年と2017年に行われた人権共同研究の成果をまとめたもの。法学・法実務の領域からヘイトスピーチを扱う第一部・第二部、社会言語学や倫理学から論じる第三部から成る。具体的な内容としてはドイツにおける取り組みと在日コリアンをめぐる問題が多く取り上げられている。興味深かったのは中川慎二による言語コミュニケーション論の視点からのヘイトスピーチ論。ルックマンの理論を実際のドイツや日本の例を挙げて解説。複数の学問からヘイトスピーチを考えることができる良書。注もきちんとついている。2021/06/11

Go Extreme

2
法の視点から:インターネットとヘイトスピーチ―国際人権法の観点から ヘイトスピーチの社会問題化とヘイトスピーチ解消法 現場の視点から:ドイツ国家社会主義地下組織(NSU)とドイツにおけるヘイトクライムに対する取り組み ヘイトスピーチ根絶のための取り組み―鶴橋、ネット、二つの事例から見えるもの 言語と倫理の視点から:常態化したヘイトスピーチの恐怖―コミュニケーション・ジャンルからの考察 ヘイトスピーチと互恵性原則―インターネット上のヘイトスピーチについてドイツでの事例をもとに考える2021/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17826468

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。