障害基礎年金と当事者運動―新たな障害者所得保障の確立と政治力学

個数:

障害基礎年金と当事者運動―新たな障害者所得保障の確立と政治力学

  • 提携先に8冊在庫がございます。(2020年09月29日 08時14分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 314p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784750350745
  • NDC分類 364.6
  • Cコード C0036

目次

序章 先行研究の検討と本研究の目的
第1章 1985年年金改正の経緯およびその構造
第2章 障害者団体と官僚・政治家の交渉1―CP研究会最終報告書完成まで
第3章 障害者団体と官僚・政治家の交渉2―検討委員会・専門家会議を経て新制度誕生まで
第4章 障害者所得保障の理論的論争
第5章 1985年年金改正に対する利害構造
第6章 国会対策に障害基礎年金はどのような役割を果たしたか
第7章 考察
終章 本研究のまとめと今後の研究課題