10代からの批判的思考―社会を変える9つのヒント

個数:

10代からの批判的思考―社会を変える9つのヒント

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月16日 04時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 276p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784750350103
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C0037

内容説明

学校生活から、生涯教育、働き方、メディア、表現の自由、多文化共生、グローバル人材まで、読者と執筆者が一緒になってアクティブに考える、多様な生き方の羅針盤。アクティブ・ラーニングの第一歩。

目次

第1章 校則(ルール)って?
第2章 いじめって?
第3章 いろいろな学びの形―高校生活の多様な選択肢
第4章 いろいろな学びの形―生涯学習/キャリア教育
第5章 仕事って?
第6章 メディアを読む力、問いかける力
第7章 「表現の自由」って何ですか?
第8章 豊かでプライドが持てる日本が続くために―多文化共生
第9章 世界に挑め!―グローバル人材への道

著者等紹介

名嶋義直[ナジマヨシナオ]
琉球大学教員。銀行で5年勤めた後、アジア放浪の旅に出た。帰国後は日本語教師(非常勤)をしながら大学院で勉強し2004年より大学教員。2016年に沖縄に移住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Nobu A

5
高校生や大学新入生向けの批判的思考養成本。序章で編者が「まだ社会に出ていない」ではなく「既に社会にいる」と意義を説き、編者を含めた9名の教員とビジネスマンが「いじめ」や「メディア・リテラシー」等を主題に様々な問いかけをしながら一緒に考えて行く。学生と教師の会話挿入や惑問形式で思考を拡張させる趣向が施され、どの章からでも読める配慮。参考文献一覧付。定義付けや時代背景の説明があり複眼的に捉えた展開が多く、社会問題に関心がある大人にも学ぶことが多い。ただ、最終章「グローバル人材への道」だけがやや成功譚に近い。2021/01/04

よしのひ

5
大人たちの何を言っているのか分からないという感想になってしまうのかもしれないが、高校生・大学生にぜひ一読してほしい書籍だ。今は分からなくても、きっと9つのヒントのうち、いずれかはピンとくる日が来るはず。職業柄、第8章が一番私自身知ってほしい内容だった。SNSを駆使して世界中と繋がる能力がある若者にこそ、もっと日本の多文化共生について議論して豊かな環境を創ってほしいと願う。そして批判的思考をもった人材を育成していこうと思えた書物だ。2020/08/05

つるしょう

2
世界中で働ける人間になろう。 環境適応能力◎2020/09/07

Miki Shimizu

1
ところどころに問いが書いてあって、考えながら進むようになってる。うーむ。ステキ!ってのもあったけど、説教くさいのもあり。若い人に知ってほしい!考えてほしい!ってのが全面に出すぎ?かな。2021/04/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15733591

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。