BREXIT 「民衆の反逆」から見る英国のEU離脱―緊縮政策・移民問題・欧州危機

個数:

BREXIT 「民衆の反逆」から見る英国のEU離脱―緊縮政策・移民問題・欧州危機

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月07日 18時40分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 394p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750346182
  • NDC分類 302.3
  • Cコード C0036

内容説明

本書のねらいは、BREXITのプロセスの底流に潜む民衆の動きを正しく把握しながら、かれらが各々の局面でいかなる反応を示したかを明らかにすることである。その目的は、政治家やその他のエリートに対する民衆の反逆を浮彫りにさせることである。これによって、かれらがBREXITのドラマで主役の座を占めた姿を表に出すことにしたい。これらを通して、BREXITが今後のイギリスとEUにとって何を意味するかを考えること、これが本物の動機となっている。

目次

Brexitで問われているもの
第1部 イギリスの緊縮政策と総選挙(緊縮政策の経済的・社会的諸結果;二〇一五年の総選挙と保守党の勝利)
第2部 イギリスのEUレファレンダム(国民投票)(EUレファレンダムのキャンペーン;EU離脱派の勝利とそのインパクト)
第3部 Brexitの影響と交渉プロセス(Brexitとイギリスの政治・経済・社会問題;Brexitとイギリスの対EU関係;Brexitの交渉と総選挙)
Brexitが意味するもの

著者等紹介

尾上修悟[オノエシュウゴ]
1949年生まれ。西南学院大学経済学部教授。京都大学博士(経済学)。日本EU学会理事。2000年と2004年にパリ・シアンス・ポリティークにて客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。