子ども虐待在宅ケースの家族支援―「家族維持」を目的とした援助の実態分析

個数:

子ども虐待在宅ケースの家族支援―「家族維持」を目的とした援助の実態分析

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月13日 23時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 331p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784750342740
  • NDC分類 369.4
  • Cコード C0036

目次

第1部 子ども虐待における家族支援を考える(日本の児童虐待施策と在宅支援の体制について;「家族維持」の具体化のための拠って立つ理論;日本における家族支援についての考察―日本における親子分離に対する考え方の変遷と現状;アメリカ合衆国における「Family Presevation」;「家族維持」のために援助者が行なうべき「正当な努力」とは)
第2部 日本の家族支援を検証する(研究方法;質問紙調査1「児童相談所における児童福祉司による児童虐待ケース在宅支援の実態及び意見調査」;質問紙調査2「市町村における児童虐待ケース在宅支援の実態及び意見調査」;日本における在宅支援の現状把握;日本における援助者が行なうべき「Reasonable Efforts」についての仮説検証)
第3部 家族を中心とした支援を展開するために(総括と今後の課題―「家族維持」のための「正当な努力」の実現を目指して;家族維持を目的とした支援を行う新しい児童虐待対応システムの創出の必要性―Differential Response(区分対応システム)についての考察と提言)

著者等紹介

畠山由佳子[ハタケヤマユカコ]
関西学院大学大学院人間福祉研究科(人間福祉博士)。フルブライト奨学生として、シカゴ大学大学院社会事業学部修士課程(AM)を修了したのち、イリノイ州在宅支援スペシャリスト、中筋児童館館長職などを経て、神戸女子短期大学幼児教育学科准教授。専門は、児童福祉、家族支援、アメリカ合衆国における児童保護サービス(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。