ええ、政治ですが、それが何か?―自分のアタマで考える政治学入門

個数:

ええ、政治ですが、それが何か?―自分のアタマで考える政治学入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月25日 06時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 273p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750340173
  • NDC分類 311
  • Cコード C0036

内容説明

政治をあきらめないための渾身の講義。政治についての誤解と思い込みを払拭し、政治を取り戻すべく、軽妙な筆致で語りつくす「政治とは何か」。

目次

第1部 出発点を確かめる―政治的人間の諸条件(政治の味方をしてみたい―私たちはすでに政治的である;政治を考える大づかみの定義―不完全な私たちが価値を選択して伝えるということ)
第2部 思い込みをとく―政治の4Kからの解放(政治は暗くて汚い?4Kの1―命と嘘と政治;政治にはカネがかかる?4Kの2―カネで何が失われるのか?;政治は偏っている?4Kの3―無色無垢の安全地帯は存在しない;政治なんて関係ない?4Kの4―政治とのかかわりと政治参加のヴァリエーション)
第3部 イメージを広げる―あのときのその人たちの格闘(政治とは「正しい世界を作ること」である―正義の実現としての政治;政治とは「自分で秩序を作ること」である―作為としての統治;政治とは「自分たち自身を支配すること」である―自治としての政治;政治とは「戦いの勝者による支配」である―闘争としての政治;政治とは「これが現実だとさせること」である―現実観の統制としての政治)
第4部 政治を救い出すための言葉―振り返りと未来へのまなざし(政治を立場に応じて使いまわす―私たちにできることとできないこと;主体的選択により生まれるもの―自分の頭で考えて決めて覚悟すること)

著者等紹介

岡田憲治[オカダケンジ]
1962年東京生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了(政治学博士)。専修大学法学部教授。専攻は現代デモクラシー理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。