地域から公共政策を考える―現場の実践知をいかした課題解決

個数:

地域から公共政策を考える―現場の実践知をいかした課題解決

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月15日 05時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 352p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784657220103
  • NDC分類 301
  • Cコード C0031

出版社内容情報

 政府任せではない、国民目線の政策を実現するためにはどうすればよいのだろうか。
 各界で活躍する著者たちが、住民福祉、防災政策、地域ブランディング、教育、地域金融と産業政策、政治インフラ、デジタル・ガバナンス、まちづくり、地域の持続可能性など、国民生活に密接した9つの分野について、行政と関連アクターが協力して解決するための具体策を、実践的見地から探る。
 2019年10月から2021年10月の2年間にわたり開かれ、好評を博した連続公開講座「身近な地域から公共政策を考える」(早大公共政策研究所主催)待望の書籍化。

内容説明

政府任せではない、国民主体の政策実現には。国民生活に密接した分野の問題について、行政と関連アクターが協力して解決するための具体策を実践的見地から探る。

目次

序 地域から公共政策を捉え直す
第1部 地域から公共政策を考える(地域の幸せを仕事にするということ―住民福祉の意味と自治体職員の役割再考;災害多発時代を生き抜く知恵と新たな防災政策の創造―公助、共助、自助による災害からの回復;地域ブランドのグローカル戦略―地域の資源を世界につなぐ;ロボットが空飛ぶ時代の教室は社会の現場に―「学校は何のためにあるのか」と教育の再生モデル;株式市場から見た地域金融と産業政策―身近な地域から公共政策を考える)
第2部 公共政策を支えるシステムを考える(民主主義を支える政治インフラ―米国保守派の草の根ネットワークの視点から;「デジタル・ガバナンス」を考える―デジタル・デモクラシーの可能性;町と人をつなぐもの―震災一〇年から考える未来へ向けての町づくりとそのフィロソフィー;「地域の物語」とその再生―「持続可能性とは何か」を地域の側から「問い」直す)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kooya

1
早大公共政策研究所が開催した連続公開講座の内容をまとめた本。「まちづくり」や「防災」をはじめテーマが多岐にわたっている。「まちづくり」に関する章では、実例を用いて地域振興の法則性を抽出しており、興味深かった。また、「福祉」に関する章では、職員が狭義の福祉(→扶助的な意味合い強め)と広義の福祉(→住民福祉)に対する認識をしっかり抱いて課題に対処する必要があると喝破しており、ミクロとマクロの双方で物事を捉えることの重要性を再認識した。2023/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20019767
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。