早稲田新書<br> 「平和宣言」全文を読む―ナガサキの願い

個数:

早稲田新書
「平和宣言」全文を読む―ナガサキの願い

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 17時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 262p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784657220073
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0236

出版社内容情報

長崎原爆の日(8月9日)に市長が読む「平和宣言」は通算73回に及ぶ。恒久平和を訴え「人類生存の道を残すため(中略)兵器用核物質の生産禁止、生物・化学兵器の廃絶、そして通常兵器の軍縮に取り組むべき」「人類と核兵器は共存できない」(1995年)と警告する。ウクライナ危機ではっきりした核抑止論の破綻。「巨大な破壊力があるから核は戦争を抑止する」という保有国の主張は根拠が崩れ、核の使用を阻んできたのは被爆者の存在であることが分かった。「被爆者のいない時代」が迫る今、「核に翻弄される世界」と「核のない世界」のどちらを選ぶべきか。自滅か生存か―。宣言全文に加え、田上富久市長のインタビューを収める。『「平和宣言」全文を読む―ヒロシマの祈り』の姉妹編。芥川賞作家・青来有一、長崎大教授・吉田文彦両氏の解説が、長崎平和宣言は「世界平和宣言」であることを明らかにする。
(制作協力:長崎市、長崎大学核兵器廃絶研究センター、長崎新聞社)

内容説明

「戦争は人類にとって最大の悲劇」「核兵器使用は人類自滅への道」ウクライナ危機が証明した「ナガサキ平和宣言は世界平和宣言である」―田上富久・長崎市長のインタビューを所収!

目次

第1章 平和宣言 田上富久市長(2021~2007年)
第2章 平和宣言 伊藤一長市長(2006~1995年)
第3章 平和宣言 本島等市長(1994~1979年)
第4章 平和宣言 諸谷義武市長(1978~1967年)
第5章 平和宣言 田川務市長(1966~1951年)
第6章 平和宣言 大橋博市長(1950~1948年)
第7章 被爆地の核兵器廃絶研究とウクライナ危機(吉田文彦)