早稲田大学エウプラクシス叢書<br> Japan’s Pre‐War Perspective of Southeast Asia:Focusing on Ethnologist Matsumoto Nobuhiro’s Works during 1919‐1945

個数:

早稲田大学エウプラクシス叢書
Japan’s Pre‐War Perspective of Southeast Asia:Focusing on Ethnologist Matsumoto Nobuhiro’s Works during 1919‐1945

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 314p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784657178084
  • NDC分類 382.23
  • Cコード C3339

目次

1 Discovering the ethnology of Southeast Asia during 1919‐1923
2 Giving importance to Southeast Asia during 1924‐1932
3 Visiting the South Seas during 1933‐1940
4 Ideas for establishing Southeast Asian studies during1933‐1945
5 Political influence on Southeast Asian studies during 1933‐1945

出版社内容情報

民族学、神話学の権威であり、東南アジア研究の先覚者として著名な松本信広。松本はいつから、どのように、なぜ東南アジアの研究を始め、日本に東南アジア研究の礎を築いたのか。松本の戦前の著作に焦点を当て、彼の学問的特徴、および南進論や汎アジア主義などその影響を論
じる。全編英語。