早稲田大学エウプラクシス叢書<br> Japan’s Pre‐War Perspective of Southeast Asia:Focusing on Ethnologist Matsumoto Nobuhiro’s Works during 1919‐1945

個数:

早稲田大学エウプラクシス叢書
Japan’s Pre‐War Perspective of Southeast Asia:Focusing on Ethnologist Matsumoto Nobuhiro’s Works during 1919‐1945

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年02月18日 00時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 314p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784657178084
  • NDC分類 382.23
  • Cコード C3339

目次

1 Discovering the ethnology of Southeast Asia during 1919‐1923
2 Giving importance to Southeast Asia during 1924‐1932
3 Visiting the South Seas during 1933‐1940
4 Ideas for establishing Southeast Asian studies during1933‐1945
5 Political influence on Southeast Asian studies during 1933‐1945

出版社内容情報

民族学、神話学の権威であり、東南アジア研究の先覚者として著名な松本信広。松本はいつから、どのように、なぜ東南アジアの研究を始め、日本に東南アジア研究の礎を築いたのか。松本の戦前の著作に焦点を当て、彼の学問的特徴、および南進論や汎アジア主義などその影響を論
じる。全編英語。