平和研究<br> 脱植民地化のための平和学

個数:

平和研究
脱植民地化のための平和学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月15日 00時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 170p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784657160164
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C1330

内容説明

改めて、植民地主義と闘う。絶えず忘却や歪曲の波にさらされてきた植民地支配と植民地主義。それらは、いま、私たちにどのような影響を与え続けているのか。植民地主義を精確に捉え、脱植民地主義のための平和学の模索を―。

目次

巻頭言 日本における脱植民地化の論理と平和学 その関係性の整理と問題提起
依頼論文(植民政策から平和学へ―日本平和研究の当面する脱植民地課題;人権/国際法の系譜学―脱植民地化の視座;戦後和解と植民地後和解のギャップ―ドイツ‐ナミビア間の遺骨返還を事例に;日本の外交において継続する「植民地主義」―対アフリカ外交を中心に)
投稿論文(被害女性たちの生からみた「慰安婦」問題―「女性のためのアジア平和国民基金」を軸に;「保護する責任」を果たす意思と能力―シリア人道危機に直面する国際社会;辺野古基金とふるさと納税における寄付の意義と問題点)
書評(敢然たる理論闘争の書―松島泰勝著『琉球独立への経済学―内発的発展と自己決定権による独立』法律文化社、2016年4月)
日本平和学会の研究会活動
SUMMARY