箱崎半島から見えた未来―震災ボランティアの5年間

個数:

箱崎半島から見えた未来―震災ボランティアの5年間

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 142p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784657160010
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0036

内容説明

目の前には、いつも「壁」があった!悩み・考え・行動した学生の、ありのままの姿。

目次

第1章 僕らがぶつかった「壁」(被災地に行く、被災者に会う。箱崎に行く、おばあちゃんに会う。;ソフトボランティアの意義とは;寄り添うことのその先へ;大震災の賞味期限)
第2章 「壁」の先に見えた私(「ボランティア」は四年間で終わらない。知恵で社会に貢献していく;納得するまで議論した結果、考える力がついた;「ふるさと」を持たない僕が「地方」のために働く;人と話し、人に興味を持ち、人のために働きたいと思った;進路選択に正解はない。挫折も転機に変えられる)
第3章 あなたへ(やってみないと分からない;被災地に行くことには、どのような意味があるのか;やってみようか、ボランティア)