早稲田大学学術叢書<br> オッフェンバックと大衆芸術―パリジャンが愛した夢幻オペレッタ

個数:

早稲田大学学術叢書
オッフェンバックと大衆芸術―パリジャンが愛した夢幻オペレッタ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 399p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784657147035
  • NDC分類 762.35
  • Cコード C3373

目次

第1部 19世紀パリの大衆的な劇場文化(パリの劇場政策―19世紀前半~中期;オペレッタの栄枯盛衰―19世紀後半)
第2部 オペレッタの本質―「滑稽」と「繰返し」の美学(オペラ・コミックの遺産;音楽の「滑稽」―その美学的価値の発見)
第3部 オッフェンバックの「夢幻オペレッタ」―その芸術性と社会的意義(イメージの源流としてのファンタジー;夢幻劇(フェリー)とは何か
「夢幻オペレッタ」の上演史―第二帝政から第三共和政の狭間で
“にんじん王”の世界―台本と音楽に見られる多様性)

著者等紹介

森佳子[モリヨシコ]
新潟県生まれ。国立音楽大学楽理学科卒。パリ第四大学にて修士(音楽学)、早稲田大学大学院文学研究科にて博士(文学)を取得。現在、日本大学非常勤講師、早稲田大学オペラ/音楽劇研究所招聘研究員。専門は主に17世紀から19世紀までのフランスの音楽劇(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。