ジャーナリズムの「可能性」―石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞記念講座〈2013〉

個数:

ジャーナリズムの「可能性」―石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞記念講座〈2013〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月29日 22時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784657140074
  • NDC分類 070.4
  • Cコード C1030

内容説明

「私」を超え、「公」としての意味を模索する真摯な努力。その一つひとつが、未来を切り拓く!

目次

1強多弱体制とジャーナリズム(後藤謙次)
崔杼は其の君公を弑した(宮崎知己)
メディアがつまずくとき(吉岡忍)
ふるさとに寄り添う―地方紙だからできること(花立剛)
震災報道と地域紙―想像力と連携(桂直之)
防災報道は読者の命を救うことができるのか?(平岩勇司)
私がドキュメンタリー映画をつくるようになったわけ―身近な一歩から始める(坂田雅子)
ドキュメンタリーの作り方―「名張毒ぶどう酒事件」の取材現場から(齊藤潤一)
水俣希望の命―胎児性患者さんとの20年(吉崎健)
「死刑」について考える(堀川惠子)
変わるもの変わらないもの―ネット時代の新聞ジャーナリズム(松本元裕)
ネットが変える日中関係(河野徹)
フォトジャーナリストとして生きること(広河隆一)
フリーランスであるということ―一人で取材し、一人で書くこと(渡辺一史)
外国人記者の視点―拡大鏡のような役割(シッラ・アレッチ)

著者等紹介

谷藤悦史[タニフジエツシ]
1950(昭和25)年生まれ。早稲田大学政治経済学術院教授。早稲田大学研究院長。政治学・政治コミュニケーション・イギリス現代政治専門。1981年、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程を経て、同博士課程修了。1994年、早稲田大学政治経済学部教授。1995~97年、イギリス・エセックス大学政治学部客員教授。1997年、アイルランド・ダブリン大学ヨーロッパ経済公共問題研究所客員研究員。その他、学習院大学講師、慶應義塾大学講師、東京大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

イトウちゃん。

1
すごい本でした。 “ジャーナリストとは解のない試み”という言葉がそのまま本になってました。2014/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8145622

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。