〈早稲田大学ブックレット「震災後」に考える〉シリーズ<br> 復興まちづくりに文化の風を―日中共同ワークショップの試み

個数:

〈早稲田大学ブックレット「震災後」に考える〉シリーズ
復興まちづくりに文化の風を―日中共同ワークショップの試み

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 105p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784657133076
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C1331

内容説明

二〇一二年春、住民・行政も参加して岩手県大槌町で開かれた早大・清華大日中両大学によるワークショップ。対話・発見・提案の循環モデルで遅々として進まない復興の現状を打破する。

目次

第1章 共同研究会(共同研究会の必要性;どのように行われたか)
第2章 事前調査(事前調査とオープンレクチャーの大切さ;早稲田大学チームの調査;清華大学チームの調査;オープンレクチャー)
第3章 発見と住民との意見交換(ワークショップの過程での気づきと発見;住民への発表と意見交換―各グループの作品)
第4章 提案(清華大学からの提案;早稲田大学からの提案;まとめ―復興計画に必要な持続的広域協力)

著者等紹介

中川武[ナカガワタケシ]
早稲田大学理工学術院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。