〈早稲田大学ブックレット「震災後」に考える〉シリーズ<br> あの日私たちは東北へ向かった―国際協力NGOと3・11

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

〈早稲田大学ブックレット「震災後」に考える〉シリーズ
あの日私たちは東北へ向かった―国際協力NGOと3・11

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784657123176
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C1336

内容説明

途上国を中心に海外で活動してきた国際協力NGO、東日本大震災発生の際には多くの団体が直ちに被災者支援を決定した。現場での苦労の連続にもへこたれなかった彼ら。海外での経験はいかに活かされたのか、いまここに明らかになる。

目次

第1部 自分には何ができるのか(民間団体職員として初めて政府現地対策本部に参加―アドラ・ジャパン・渡辺日出夫のケース;相手と同じ目線に立ちながらの支援―CFF・長友由貴のケース)
第2部 ボーダレスの理念のもとに(3・11と国際協力NGO;現場での反応;避難所での生活を考える;やりたい援助・するべき援助;もっと学びたいひとへ)

著者等紹介

多賀秀敏[タガヒデトシ]
早稲田大学社会科学総合学術院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。