術数学の射程―東アジア世界の「知」の伝統 (再版)

個数:

術数学の射程―東アジア世界の「知」の伝統 (再版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B5判/ページ数 231p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784653045076
  • NDC分類 419.2
  • Cコード C3022

目次

第1部 術数学の学問的輪郭とその問題圏(東アジア科学史研究の新展開―術数学研究プロジェクト;陰陽五行説の構造的把握;蔡元定と西学―『性理精義』における風水と蔡元定に対する評価をめぐって;『周易』占に対する丁若〓の見解)
第2部 宇宙論、自然観の新展開(古代中国における上帝信仰と千畝の戦い―言葉を発さない中国の神についての言語分析と古天文学から見た歴史背景;「太一」の宇宙論と政治哲学;馬王堆漢墓帛書“陰陽五行”乙篇の構造と思想;南北朝時代の天文記録―正史天文関連「志」の日・月食記録を中心に)
第3部 近世科学文化の形成と拡充(道教における養胎の技法;明清居住空間考―八仙卓と庁堂を中心に;東アジア食文化の新考察―17世紀日本の食物本草書からみる;19世紀初の朱子学的潮汐説の再構成―柳徽文(1773~1832)の『滄浪答問』を中心に
近世医書の流通とその行方―小島宝素堂関連資料をめぐって)
第4部 伝統科学から見た西学受容の諸相(朝鮮後期における西洋数学の影響と数理観念の変化;創造的逸脱の想像―19世紀初における李圭景の天と地に関する思惟;清末明治期におけるユークリッド幾何学の伝播)