捕鯨と反捕鯨のあいだに―世界の現場と政治・倫理的問題

個数:

捕鯨と反捕鯨のあいだに―世界の現場と政治・倫理的問題

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 328p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784653043898
  • NDC分類 664.9
  • Cコード C0039

目次

第1部 捕鯨の現場―商業捕鯨、先住民生存捕鯨、クジラの観光資源化(岐路に立つノルウェーの捕鯨―ミンククジラ漁のいまとこれから;日本とノルウェーの小型捕鯨;岩手県におけるイルカ・クジラ漁の歴史的展開;アラスカ北極海の生存捕鯨と海底油田開発;現代グリーンランドにおける捕鯨と儀礼;生き残る先住民生存捕鯨、停滞するホエール・ウォッチング構想―カリブ海、ベクウェイ島の事例より)
第2部 捕鯨をめぐる政治力学(蘇った韓国のクジラ―絶滅から観光・環境資源へ;日本の調査捕鯨;IWCでの日本外交を振り返る(一九九七~二〇一八)―妥協は不可能だったのか
日本のIWC脱退の問題点と今後の展望)
第3部 反捕鯨運動と倫理(メディア論で読み解く捕鯨問題;逸脱する捕鯨推進とクジラ紛争の歴史を追って;日本におけるNGO活動としてのクジラの保全―鯨からクジラへ;生態系保全と動物福祉―食べない捕鯨支持層の目に映る反捕鯨派;動物倫理の観点から見た捕鯨)

著者等紹介

岸上伸啓[キシガミノブヒロ]
人間文化研究機構・理事/国立民族学博物館・教授(併任)、博士(文学)、専門は文化人類学、アラスカのイヌピアットやカナダ・イヌイットの捕鯨や食物分配を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。