日記で読む日本史<br> 国宝『明月記』と藤原定家の世界

個数:

日記で読む日本史
国宝『明月記』と藤原定家の世界

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784653043546
  • NDC分類 210.08
  • Cコード C0395

出版社内容情報

長年、冷泉家に伝わる古典籍の整理・調査にあたる、写本学第一人者の著者が『明月記』の姿を明らかにし、藤原定家の価値を再解釈する長年、冷泉家時雨亭文庫にて、冷泉家に伝わる古典籍の整理・調査にあたる、写本学第一人者の著者が、書物の形態から『明月記』の姿を明らかにし、藤原定家の価値を再解釈する。紙の継ぎ方や筆跡、裏打ち紙に書かれた文字など、実際に原本を手に取り、調査した著者ならではの視点で、現存する『明月記』がどのように成立したのかを、平易なことばで解き明かしていく。研究者はもちろん、初学者にもおすすめの一冊。


【目次】


第一部 総論
第一章 『明月記』の本体

第二部 各論
第二章 明月記の写本学研究―貴族日記と有職故実書―)
第三章 巻子本から冊子本へ―『明月記』と紀貫之本『土左日記』の表紙―
第四章 あしたづの歌と説話―説話と有職故実― 
第五章 藤原定家自筆本『拾遺愚草』の書誌的研究
第六章 冷泉家御文庫の封印と『明月記』
第七章 定家様から見る書道の美―冷泉家の和歌と書―
第八章 『明月記』の食事

第三部 歴史的位置づけ 
第九章 本地垂迹説からの独立と古今伝授 

まとめ

註/出典一覧/定家年表/あとがき



第一部 総論
第一章 『明月記』の本体

第二部 各論
第二章 明月記の写本学研究―貴族日記と有職故実書―)
第三章 巻子本から冊子本へ―『明月記』と紀貫之本『土左日記』の表紙―
第四章 あしたづの歌と説話―説話と有職故実― 
第五章 藤原定家自筆本『拾遺愚草』の書誌的研究
第六章 冷泉家御文庫の封印と『明月記』
第七章 定家様から見る書道の美―冷泉家の和歌と書―
第八章 『明月記』の食事

第三部 歴史的位置づけ 
第九章 本地垂迹説からの独立と古今伝授 

まとめ

註/出典一覧/定家年表/あとがき

藤本 孝一[フジモト コウイチ]

内容説明

長年、冷泉家に伝わる古典籍の整理・調査にあたる、写本学第一人者の著者が、書物の形態から『明月記』の姿を明らかにし、藤原定家の価値を再解釈する。紙の継ぎ方や筆跡、裏打ち紙に書かれた文字など、実際に原本を手に取り、調査した著者ならではの視点で、現存する『明月記』がどのように成立したのかを、平易なことばで解き明かしていく。

目次

第1部 総論(『明月記』の本体)
第2部 各論(明月記の写本学研究―貴族日記と有職故実書;巻子本から冊子本へ―『明月記』と紀貫之本『土左日記』の表紙;あしたづの歌と説話―説話と有職故実;藤原定家自筆本『拾遺愚草』の書誌的研究;冷泉家御文庫の封印と『明月記』;定家様から見る書道の美―冷泉家の和歌と書;『明月記』の食事)
第3部 歴史的位置づけ(本地垂迹説からの独立と古今伝授)

著者等紹介

藤本孝一[フジモトコウイチ]
1945年、東京都に生まれる。法政大学大学院人文学科研究科日本史学専攻博士課程単位取得中退。博士(文学)。前文化庁美術学芸課主任文化財調査官。大阪青山大学客員教授、龍谷大学文学部客員教授をつとめ、現在、冷泉家時雨亭文庫調査主任、真言宗大本山随心院顧問(文化財)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。