妖怪一家九十九さん<br> 妖怪一家の夏まつり―妖怪一家九十九さん

個数:

妖怪一家九十九さん
妖怪一家の夏まつり―妖怪一家九十九さん

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月29日 22時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 166p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784652200056
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

化野原団地の東町三丁目B棟地下12階に住んでいる七人家族の妖怪一家。やまんばのおばあちゃんが団地の「夏まつり実行委員会」の委員長に選ばれてしまったので、大変な事に。盆踊りのやぐらをたてるために、決して動かしてはいけないと言われていた封印の石をどかしてしまったことで起こる大騒動。ユーモア・ホラーの決定版。

【著者紹介】
1959年、東京都に生まれる。『クヌギ林のザワザワ荘』で日本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞受賞、『小さなスズナ姫』シリーズで新美南吉児童文学賞を受賞、『空へつづく神話』でサンケイ児童出版文化賞受賞、『やまんば山のモッコたち』がIBBYオナーリスト2002文学賞に選ばれる。『ムジナ探偵局』シリーズ(童心社)、『シノダ!』シリーズ(偕成社)、『内科・オバケ科 ホオズキ医院』シリーズ(ポプラ社)、『やまんばあさん』(理論社)シリーズなど、著作は多い。

内容説明

やまんばのおばあちゃんが封印の石を掘り起こしてしまったことで大騒動に。化野原団地東町三丁目B棟に住む妖怪一家七人はぶじに夏まつりの日を向かえることができるでしょうか。

著者等紹介

富安陽子[トミヤスヨウコ]
1959年東京都に生まれる。児童文学作家。梅花女子大学特任教授。『クヌギ林のザワザワ荘』で日本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞受賞、『小さなスズナ姫』シリーズで新美南吉児童文学賞を受賞、『空へつつぐ神話』でサンケイ児童出版文化賞受賞、『やまんば山のモッコたち』でIBBYオナーリスト2002文学賞に、『盆まねき』で野間児童文芸賞を受賞

山村浩二[ヤマムラコウジ]
1964年愛知県に生まれる。東京造形大学絵画科卒業。アニメーション作家。東京芸術大学大学院映像研究科教授。短編アニメーションを多彩な技法で制作。第75回アカデミー短編アニメーション部門にノミネートされた「頭山」は有名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

80
私はオールズバーグの表紙の絵にひかれて読みましたが、この本も読メさんの感想とこの表紙の絵を見て早速読んでみました。山村さん(この絵の作者)はシュールな落語の「頭山」の絵本の作者で私は何度も読んでいます。この作品も子供用というよりは中学生あるいはヤングアダルト以上の人でないと楽しめないのかもしれません。私は非常に楽しめました。2015/09/12

モリー

66
妖怪一家の九十九さんは化野原団地の住民、もとい、化野原の先住妖怪です。市役所地域共生課職員の奮闘により、団地開発に際して強制移住させられることなく、妖怪文化を矯正されて人間文化を押し付けられることもなく、団地の地下十二階に住むことになった一家なのです。果たして人間と妖怪は共生できるでしょうか。シリーズ第2巻です。今回の巻からは、〈共生の要は、調整にあり〉と学びました。どうも反りの合わないご近所さんっていますよね。夏祭りの成功の鍵は調整にありました。リーダーも重要ですが、調整役はもっと重要かもしれません。2022/01/19

anne@灯れ松明の火

29
九十九さんシリーズ2。新刊チェックで知り、リクエストしようかと思ったが、きっと入るだろうと待っていたら、偶然新刊棚で出逢えた♪ でも、1月出版なのに、なにゆえ”夏まつり”?(笑) やまんばおばあちゃんの勝手っぷりに笑わせてもらった(^^) それぞれの妖怪の得意分野が生かされて、みんなが活躍できるのがいい。新たな登場人物(妖怪)もオモシロい。そして、やっぱり妖怪たちと共生しようとする、地域共生課の野中さん、団地管理局の的場さんがいいな♪ 2013/04/02

七色一味

27
読破。シリーズ2作目。団地の夏祭りを運営する側になったおばあちゃん。この方は今後、あれこれやらかしてくれそうな雰囲気を醸し出しています(笑)それに引きずられるように、半ば強制的に参加させられた他の九十九さん一家。一体どうなってしまうのやら。無事に夏祭りは開催されるのか!?2017/03/27

杏子

22
いやあー!これはまた楽しかった。シリーズ化希望です。妖怪一家、今回はやまんばのおばあちゃんがいいね!夏祭り実行委員長に選ばれて〜 封印の石を勝手に動かしてしまって、どうなることかと思ったけど… やっぱりほのぼの系。夏祭り楽しそう。2013/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5880457

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。